« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月27日 (火)

銀行の対応

どこかで買い物したときに変形した100円玉のおつりを貰った。

その時は、気にも留めなかったのだが、自販機にも使えないし支払うときにも躊躇うし、お世話になっている銀行に寄った折に交換してもらうことにした。

窓口でその旨を伝える。

すぐに交換してもらえると思っていたが、日銀に申請しなければならないとのことで書類作成に40分。(書類を捜していたらしい)

4枚の書類に記入した。それは構わない。窓口の女性も一生懸命だ。直向さがこちらにも伝わる。

ちょっと待て。システムがあるのは判る。ルールがあるのは判る。

「手続きにお手数とお時間を頂戴するのは申し訳ございませんので100円は私が交換いたします。変形した100円は当行で処理しておきます」と言われたら感動しただろうなあ。

その銀行のファンになっったろうな。

残念!マニュアル通りの対応は、時に心を凍らす。

窓口の女性に罪は無い。銀行の体質が融通の利かない応用力の欠落した対応になっている。

セキュリティも大事だけど、人間と人間の繋がりもとても大事です。

100円欲しさで、こちらがお願いしたと思いますか?あなたたちの暖かい対応に接したかった。ただそれだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

青川峡

三重県いなべ市の青川峡キャンプ場に一泊二日で出かけた。

心配した雨もほとんど降らず、暑くも無く寒くも無く快適にすごせた。

名古屋から60km弱、1時間30分程度のアクセス。

出来たばかりのキャンプ場なので、水道、電気、バス、トイレ、バス、レストラン完備。

テント設営、BBQなどがキャンプっぽいけど、ロッジで過ごすとかなり微妙。

便利すぎるのもどうかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

立浪和義

今年2度目の野球観戦に行ってきた。

立浪和義のプレイが精彩を欠いている。

スタメンをはずれ、代打登場も力ないライトフライ。

19年前の開幕戦高卒スタメンデビューは、センセーショナルだった。

打率250以下でも、守備力、走塁で新人王に輝いた。

肩の故障などでコンバートなどあったが、ホームラン以外の全ての球団記録を塗り替える活躍が続く。

年齢からくるものなのか、モチベーションの低下か?

いずれにしても調子が上がってこなければ、今シーズン限りでの引退も現実味を帯びてくる。

観戦したゲームは、立浪に憧れ入団してきた福留の活躍で4-2で勝った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

トレーニング

トレーニングジムに通い続けている。

ジムを変えたり、一時的に休んだりしたが10年以上も通い続けている。

なるべく1週間以上空けないように、ストレッチと有酸素運動を中心にトレーニングしている。

好きな野球を少しでも長く続けるためとか、ビールを美味しく頂くためとか、色々理由はあるけれど、単純に走ったり泳いだりするのが好きだ。

いつまで続けられるか判らないが、ほんの気休め程度に生活習慣病の予防になっていると自己暗示して少しでも長く続くように切に願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

復活できる魔法の水

ホントに年に1回か2回なんだが、おいしいお酒を頂いて元気な自分に戻れるときがある。

すごい量呑んでるんだけど、二日酔いもまったく無し。

お酒の種類と、つまみの種類、量、会話の量、タイミング。そんなものが掛け合わされて完全復活を遂げる。

一昨日は、深夜まで請求書確認作業、明けて昨日は、早朝5時からの採寸業務。

精神的にも肉体的にもボロボロだったけど、ビール2杯とワイン1本で復活。

本日は、しゃきっと一日頑張れそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

まだまだこれから

ワールドカップ第1戦で日本はオーストラリアに1-3で敗れた。

勝利濃厚ムードで、残り9分で同点逆転された。

強豪ブラジルと同じグループなので、決勝トーナメント進出は絶望的との展望が多い。

どうして悲観的になるのだろう?クロアチア戦の結果いかんで情勢は180度変わる。

事前の期待が大きすぎて、ちょっと負けるとかなり悲観的になる。

だめだったらどうしようとか、保険的感覚での思考だ。

最後の最後まで絶対にあきらめない。僅かな可能性にも光明を見出す。

ビジネスしかり、人生しかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

17年目のグローブ

日本ハムファイターズの新庄選手は、17年前阪神タイガースに入団して以来、すっと同じグローブを使い続けているそうだ。

補修をして、手入れをしてメジャーリグで活躍しているときもずっとひとつのグローブで外野を守っていた。

派手なパフォーマンスやファッションで知られる新庄選手の別の一面だ。

道具を大切にする気持ちは、周りの人間を大切にすることとも繋がると思う。

スポーツでもビジネスでもプライベートでも丁寧に人やものに接することはとても大切だと感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

名古屋ドーム観戦

今シーズン公式戦初観戦。

スーパーダイアモンドシート(バックネット裏)は、視界良好。

残念ながら7-4でドラゴンズは負けてしまったけれど、高橋光信の芸術的なホームランが見れて興奮した。

次男2年生25kgを後部座席に乗せてママチャリで行ったので、帰りはバテた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

33℃

自動車の温度計を見たら33℃だった。

このままで行くと8月には45℃くらいになるぞ。

まだ、6月初めだよ。これから梅雨なのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »