« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

鈍感力

小泉前首相が阿部首相に提言した「鈍感力」が、マイブームだ。

一国の首相でなくても、たとえばPTA会長とかでも鈍感力を多用しなければならない時がある。

何かを成し遂げようとするとき、全ての賛成を得るのは、不可能に近い。

反対の意見も尊重するが、感情的な意見、悪口、陰口、意地悪は、鈍感力で乗り切るしかない。

感情で来たものは、決して感情で返さない。うろたえない慌てない気にしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

幸せ

24日に友人の結婚披露パーティがあった関係で、打合わせメールやお礼メールの文面で「幸せ」の文字が何度か何度か入力される。

「幸せ」を書いたり読んだりすることが多い毎日は、間違いなく「幸せな」毎日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

膝痛との戦い

ここ3年ほど膝痛を抱える日々が続く。

痛くて眠れないときから比べるとかなり改善されてはいるが、完治には程遠い。

もともとは、スライディングしたときに打撲したものを放置していたことと、体重過多、筋肉疲労などが重なって発生した。

膝痛完治には、かなりの時間を要する。安静にしようにも膝を使わない日は一日も無いのだ。

また、歩く、走るといったトレーニングの基本となる動きに大きく制約が付く。

脂肪燃焼や、筋肉増強にかなりの時間を要してしまう。

この痛みがいつまで続くのかといった精神的な圧迫も追い討ちをかける。

トレーニングと治療の日々は、まだまだ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

結婚披露パーティー

名古屋マリオットアソシアホテルで、友人M氏Kさんの結婚披露パーティを開催した。

開催したというのは、若鯱会メンバーで企画運営したから。

至らないところもあったけど、お二人の幸せの一助になっていればこちらも幸せだ。

涙あり笑いあり、スピーチあり余興ありのパーティだったが、一番盛り上がったのは、

子供たちから両親へ向けてのスピーチと手紙の朗読だ。

二人とも再婚同士で子供がみえるのだが、この子供たちが会場の空気を一つにした。

夫婦愛の披露パーティーから、親子愛の家族愛の披露パーティーになった。

出席者みんなが、幸せのお裾分けを頂戴してお開きとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

エアポートエクスプレス

アジアンワールドエキスポから香港空港、九龍、終点香港島までを結ぶエアポートエクスプレスは、ランタオ島から香港島までの大動脈だ。

高層ビル街、ダウンタウン、海峡をくまなく見ることが出来る。

この頃になると、旅も終盤。取り違えたトランクも見つけて、リラックスモード。

列車内で、大声で馬鹿話。「ペニンシュラホテルに行ったらまず、トイレに行こう」とか。

日本語だから判りゃしないわ...。と思ったら、斜め前に日本人らしき(フライトアテンダント?)女性が。

日本語の文庫本読んでるし、肩は笑いをこらえて小刻みに震えてるし...。

滅茶苦茶恥ずかしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

香港のタクシーその2

行き先不明の暴走タクシーは、結局、出発した香港空港に戻ってきた。

当然、料金は払わず、次のタクシーを捜した。

しかし、次のタクシーも広東語しか話せないし、ホテルも行ったことが無いみたいだ。

英語の話せる、ホテルを知っているタクシーを呼んでもらうことにした。

10分で移動できるところを、1時間以上掛かってチェックイン。

疲労困憊で、部屋に入りシャワーを浴びようと旅行トランクを開けようとすると、トランクを取り違えていることに気づく。

ここまでトラブルと、もう開き直るしかなかった。

タクシーに連れ去られなくて良かった...。そう思って、寝た。もう深夜2時を過ぎていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

香港のタクシー

今回の旅行での最大のトラブルは、香港空港から宿泊ホテルまでのタクシーだった。

乗る前に、地図まで見せて確認したのにホテルに着かない。

10分、50香港ドル位と聞いていたのに、料金メーターは150香港ドルを超えている。

どこに連れて行かれるのか?不安が募る。

運転手に何度も問いただすが、広東語しか判らないみたいだ。

よくみると風貌も怪しい。タクシー無線でやり取りする広東語が何か怒っているように聞こえて仕方ない。

突如Uターンして、タクシーが向ったのは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

英会話

海外旅行でのコミュニケーションは、英語とボディーランゲージだけだ。

セブでは、タガログ語、香港では広東語の会話になるとまるで駄目。

駄目に決まっている。全く一言も話せないんだから。

英語は、たどたどしいながら何とかことを成す。

学生の頃からの学習不足を痛感するわけだが、帰国して勉強する気はことさら無い。

現地の四日間は、英会話教室4か月分くらいに匹敵する。

40時間以上英語付けなんだから。

日本の英語教育は駄目だとかいわれるが、我々受験戦争世代はボキャブラリーだけは多い。

紙に書けば伝わることも多い。

旅行用の英会話の本より「試験に出る英単語」を持っていったほうが役に立つんじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

入出国

数年ぶりの海外旅行で苦労したのは、入出国手続きと、搭乗手続き。

言葉の問題もあるが、「なれ」の問題も多い。

昨今、セキュリティの問題でただでさえ複雑化しているのに、なれていないと本当に時間が掛かる。

香港入国時には、慌ててトランクを取り違えてしまった。

着の身着のままで一夜を過ごすことに。

取り違えた相手にも迷惑をかけてしまった。

どこの国のどなたかは判りませんが申し訳ないことをした。

自分のトランクが出てこないなんて、絶望的な夜だったと思う。すいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

白馬の別荘

セブの話は一休み。

17日18日で長野県白馬村の知人の別荘へ、家族で出掛けた。

長野道を降り、40km~50km北上すると景色が一変する。

湖に映る山景、雪景色は、寒さもあって、静寂を引き立たせる。

かまくら祭りを見て、スキーをやって、美味しい蕎麦を頂いて帰ってきた。

このところ、休日は終日外出しているので、雑務が累積している。

週末は、友人の結婚披露パーティーが開催される。スパートかけて働かなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

ダイビング

沖縄に続いて、2度目のダイビングに挑戦した。

セブのダイビングは、ボートでの移動距離が短く、波も穏やかで、澄んだ海にたくさんの魚を見ることが出来る。

ため息が出るような美しさだ。この美しさが、地球温暖化、環境の乱開発などにより近い将来見られなくなるのかと思うと寂しい。

一方、地元の人の生活には、開発が急務。多くの孤島にはパイプラインでの水の供給がされていない。水は、ボートがタンクで運ぶ。島のトイレも洗面所もシャワーも海水が出る。

いつまでも続く美しさはどこにも無い。美しさは、絶えず刹那と隣りあわせだ。

何かを得て、何かを失って時は過ぎていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

格差社会

セブの所得格差は、かなりの差がある。

セキュリティエリアの大邸宅に住む裕福層と、ダウンタウンの塗炭屋根に住む貧困層、それに他国からセカンドハウスとして移住している外国人。

裕福層は、脈々とその系統を継承し、貧困層は貧困を打開することが出来ない。

オクスフォードに進学する子供のいれば、文盲な子供も多い。

我々観光客の一日の滞在費用は、貧困層の月収をはるかに越える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

ストリートチルドレン

セブの町は、中心部に高層ホテル街、ショッピングモールなどがあり、ビーチまでの移動は、30~40分を要する。

移動中、目に付くのは、仕事も家も親も待たないストリートチルドレンの存在だ。

ハンカチで自動車の窓を拭いたり、手作りアクセサリーを売ったり。

彼らは、純粋に生きる為に働いている。明日の食事の為に働いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

セブの交通情報

名古屋→香港→セブ。トランジットを含め8時間以上の移動時間を経て着いたセブ空港の乗降場は、けたたましいクラクションと排気ガスが充満していた。

基本的に駐停車禁止のところなのだが、地元警察は見て見ぬふり。

市外を走ると、車間距離の狭いのに驚く。

また、自動車、バイク、自転車、人が混在している。

それでいて、大きな交通事故は少ないのだそうだ。接触事故は頻繁らしいが。

車種も多様で、20年前のカローラから最近のレクサス、ハリアー、BMW、メルセデスなど。

ダウンタウンに入ると、センターラインも無く、抜きつ抜かれつのカーチェイスになる。

まるでTVゲームのようだ。30分も乗っているとぐったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

無事帰国

セブ・香港4日間の旅から帰国した。

様々なトラブルがあったがそれ以上の思い出が出来た。

帰ってくると体重が減っている、そんなヘビーでディープな旅行。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

お出掛け

委員会の打ち上げで今日から出掛ける。

ここ2年間で、3回行って2回飛行機が飛べなかった(強風の為)セントレアから出発だ。

今日は、飛ぶのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

区Pも一区切り

2月7日の意見交換会で、昭和区PTA協議会の開催行事が終了した。

副会長ということで、議事進行役や、ファミリーデイ名古屋への参加、名古屋市PTA、東海ブロック大会への出席など慌しい1年だった。

どんなときでもそうだが、こういった活動では、様々な人との出会いがあり、色々な思い出が出来る。それはとてもかけがえの無いものだし、プライスレスな物だ。

簡単に手に入らない、お金では買えないものを一つずつ手に入れていくことがこれからはとても大切になる。

気をつけなくてはならないのは、仕事を済ませて家庭を顧みて活動を行うこと。

これに尽きる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

深夜2時

若鯱会が終わった後、2時近くまで呑んでいた。

呑みに出るのは毎週だけど、12時を越えるのは年に数回。

遅くなると翌日(というか当日)の午前中の業務に確実に支障をきたす。

2時頃でも繁華街では多くの人で賑わっている。

みんな仕事大丈夫なの?私はあんまり大丈夫じゃない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

本厄終わり

本厄が終わった。

何もなかった気がする。気がするだけか?

お払いも何もしなかった。

若鯱会とかPTAとか名古屋商法とかキャンプとかスキーとかクリスマス会とか、副委員長だったり、会長だったり、幹事だったりして忙殺されていた気がする。

暇になったとき、気が緩んだときに注意しよう。当分暇にならないはずだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

ボーリング大会

若鯱会のボーリング大会に行ってきた。

三男と交代で一球ずつ投げたので、悲惨なスコアだった。

女房が、30人くらいの参加者の中、2位になり商品を貰った。

その後、ジンギスカンの食べ放題呑み放題へ行った。

30人くらいのファミリー連れでボウリングやったり食べ放題に行ったりすると、それはそれで楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

大阪出張

春夏新商品展示会を見るために大阪に行ってきた。

いつもは、新幹線を使うのだが今回は、自動車で行ってみた。

交通費も時間も新幹線の1.5倍かかるのだが、なんといっても機動力が生かせる。

燃費の良いハイブリッドカー、ETC割引などのコストダウンも少なからず考慮した。

次回も自動車だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

ソフトバンクの請求書

2007年4月より、請求書発行料として毎月105円掛かるとの案内が請求書に書いてあった。

そんなこと今まで聞いた事無いよ。

請求書発行業務停止の手続きを早速行った。

ユーザーの多くが、気づかず、あるいは気づいても手続きできず、105円搾取されるのだろう。

基本料金がいくら低くでも、このやり方は酷いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

暖冬

今年の暖冬は、本物だ。昼間14℃~17℃ある日もある。

ここまで暖かいと、経済に及ぼす影響も過大だ。

弊社ユーザーの外食産業も売れ筋が変わってしまって困惑したらしい。

アパレルは、売れ筋が変わるどころか、売れるものが売れなくなってしまう。

寒くなけりゃ、ジャンパーやコート要らないもんね。

SOHOは、こんなときの打開案を、一つ二つ用意しておかなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »