« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月24日 (月)

楽しいお酒の頂き方その6

本当によく言われることだけど、楽しいお酒は、何を頂くかより誰と頂くかが、とても重要だ。

そういった意味では、22日に引っ越し祝いに理由付けをして、N氏のお宅で呑んだお酒は本当に美味しかった。

気の置けない仲間たちと、気の置けない会話をしながら頂くお酒は至極の一杯だ。

N氏と若鯱会で知り合って13年。

この13年間で、お互いによき伴侶を見つけ、子供にも恵まれ、規模の大小はあるけれど会社の代表になった。

長い人生の折り返しまでは来たかもしれないけれど、夫として、父親として、社長としての人生は、これからの方がずっと長い。

これからも楽しい呑み会で楽しくお酒が呑めるように、そのために仕事もプライベートもしっかりやって行きたい。

そう、切に思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

楽しいお酒の頂き方その5

もう20年以上呑み続けているお酒だが、今なお、とんでもない大失敗を4年に1回くらいしてしまう。

悲しさや、寂しさ、悔しさ、辛さなどの感情に強く揺さぶられる呑み方をするのは、もちろん良くないことだけど、忘れがちなのは、「すっごく嬉しい」時の呑み方。

「すっごく嬉しい」友人の結婚式とか、久しぶりの同窓会とか...。

もう少しで救急車に乗せられそうになったり、高級絨毯を台無しにしたり...。

気をつけないと、二度とお酒が呑めなくなってしまう。気をつけよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

楽しいお酒の頂き方その4

自分がこれから、どのような酒生活(食生活も併せて)を送って行きたいか、真面目に考える。

いつまでも、出来れば死ぬ前日まで楽しく頂きたいものだと思う。

その為には、深酒、長酒、無茶酒は、NG。

長く呑んでいると、どうしても酒量が多くなる。

自分の理想は、長くても90分くらいで頂くことだ。自宅だと60分くらい。

それを毎日頂けるのが幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

楽しいお酒の頂き方その3

呑み会の中盤戦、酔いがまわってきたかなあと感じたら、アルコールと共に(チェイサー)水を頂く。

喉の渇きをアルコールだけで、潤してはいけない。焼酎のロックのチェイサー代わりにビールを呑んだりしてはNG

チェイサーを置くのは、決してカッコ悪いことではない。むしろ焼酎やウイスキー、ワインの風味を最後まで楽しむのには不可欠。

頂いたアルコールと同じくらい、水を飲んでおくと、徐々にアルコールを分解してくれるので悪酔いしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

楽しいお酒の頂き方その2

それから、自分のコンディションを知ることが大切。

ちょっと風邪気味だったり、胃腸の調子が悪かったり、それで薬を飲んでいるときなんかは、要注意。

こんな私でも年に1回くらいは、ウーロン茶で過ごす呑み会がある。

呑む時は呑む。調子の悪いときは呑まずに食べる。

自分の酒量を把握していることも大切。

自分はビール1本、焼酎ロック2杯で大体一山越える。

周りの人にお酌して、自分の分は、手酌する。

人に注いで貰うと、どれくらい呑んだか判らなくなる時があるから。

今、どれくらい呑んでいて、あとどれくらい呑めるかをしっかり自分で把握しておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

楽しいお酒の頂き方その1

15日は、N-1グランプリの第1回説明会が行われ、その後懇親会、2次会3次会と深夜まで呑み会が続いた。

どこで呑んでも、誰と呑んでも「お酒に強い」印象をもたれる自分だが、実はそんなことは無い。

武道系体育会のOB会などでは、私の酒量など、かわいいものである。

せっかく呑むお酒だから楽しく美味しく頂きたいものだ。

よく言われることだけど、まずは、すきっ腹に流し込むアルコールは、NG。

この季節なら、枝豆とか冷奴とかをちょっとでも良いから食べながら頂く。

お腹ペコペコのときは、先に炭水化物をいただいても良い。

19時から会議21時から呑み会などのときは、19時前にうどんとかおにぎり一個とかをいただいておくのも悪酔いしないコツ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

トップに大切なこと

安倍総理の突然の辞任には、驚かされた。

最悪のタイミングに他ならない。

様々な事由があるかと思うが、今回のことから学ぶことが一つ。

トップに大切なことの一つに、取り巻き、セカンド、サードの重要さが有る。

トップで、全てをまかなうことは出来ない。

適材適所、信頼を置ける仲間にどこまで任せられるかがポイント。

任せられる人が居れば、自分は別のステージで頑張れる。

別のステージを掌握すれば、またセカンドへ。

大きな組織でも小さな組織でもそれは一緒。

それじゃあ、SOHOはどうかというと、信頼できる外注先とか、仕入先とかということになる。

それと、ちょっと恥ずかしいんだけど家族とかパートナーということになる。

社会の最小単位である家族・パートナーと意思疎通が出来なくては、SOHOは、まかなえない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

ツール・ド・三河湖参戦

9月9日若鯱会ツーリングサークル自転車部隊精鋭が、ツール・ド・三河湖55kmコースに参戦した。

Photo 岡崎市世界こども美術博物館を発着とし、くらがり渓谷から約8kmの田原坂の上り下りを往復する。

スタート地点では、この余裕。

くらがり渓谷までの20kmは、2年前に経験があり、何とかクリア。

しかし、その先8kmとそれまでの20kmが同じくらい時間が掛かるというハードで長い上り坂。

1時間掛かってるじゃないか。

本当の精鋭部隊は、25分くらいで上りきっていた。

フェイクの精鋭部隊は、昼飯も喉に通らない始末。

日ごろの、ジムトレーニングと水泳は、なんだったんだ...。と思ったが。

途中で帰るわけにも行かず、ヘロヘロになりながら、ゴール。

Photo_2 ゴール後の、抽選会では、Tシャツが当たりました。

自転車の神様からのプレゼントかな。(大袈裟か?)

岡崎サイクリング協会の皆様、大会スタッフの皆様、お世話になりました。

ツーリングサークルの精鋭部隊の皆様、ところどころでお待たせしてすいませんでした。

懲りずに来年も誘ってね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

TOTOリモデルフェアに行く

http://blog.fuyuto.net/

若鯱会の友人で、取引先で、弊社の販促アドバイザー(無給)をお願いしている冬頭建設さんに招待状を頂いて、伏見TOTOショールームにリモデルフェアに家族みんなで出掛けた。上記URLをご覧下さい。冬頭建設さんの心温まる奮闘ぶりが伺えます。

さて、我が家は築9年。古くなって、壊れて、今すぐに取り替えないといけないところは、未だ無いが、キッチン、バストイレのニューモデルの斬新さには心動かされることが少なくない。

1時間ほど、見学させていただいたショールームの中には、ファミリー向け、子供向けのイベントも目白押しで、小さなお子様が退屈しない工夫がされている。

Photo その中に、似顔絵サービスがあった。

図工大好きの長男次男、お絵かき大好きの三男は、自分で絵を書くことはあっても、自分の絵を書いてもらうことは初体験。

三人張り付いて三枚書いていただく間も、張り付いてスタッフのタッチをずっと見ていた。

しかも、作品は綺麗な額に入れて一人一人に渡してくれる。

我が家の宝物が3つ増えた。

TOTOショールーム、スタッフ、冬頭建設の皆さん、本当にありがとうございました。

もちろん新製品、新システムもしっかり見せていただきました。

今すぐでは無いけれど、「いつかは冬頭建設」。

(冬頭建設(社外)販促担当SOHOより)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

いつものタクシー

呑み会の帰りは、タクシーを使うことが多い。

少しでも早く帰りたかったり、地下鉄が無くなったり、有っても乗換えがめんどくさかったり。

そんなに遅くまで呑んで無ければよいのだが、判っていても帰れないのが呑み助の悲しさ。

そんな場合、多用するのがMKタクシー。

サービスも良いし、料金も安い(送迎料金も無料)。

ただ、名古屋地区での登録台数が三十数台と少なく、ピーク時間には呼び出し電話も繋がらない。

台数も少なく、料金も安いが、予約予約でフル稼動。

リピート客が多く、市郊外まで走ることも多い。採算は合っているようだ。

これも一つのビジネスモデルだと思う。

そんなMKタクシーを、偶然拾うことが出来た。

ここ3年くらいで、たった2回目だ。

台風接近で、さすがに空いていたみたいだ。

しかし、台風接近のときくらいは、家でおとなしくしているべきだったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

N-1グランプリのご案内

 名古屋商法、岩佐氏、釘山氏、足立氏、志賀内氏のご縁で、スタッフ参加させていただいているイベント「N-1グランプリ」の概要が固まりました。

 興味ある方は、お気軽に私までお問い合わせください。

第一回ということもあり、マスコミにもかなり注目されることでしょう。

また、出展料¥10000と、とてもお値打ちです。(通常¥50000~¥200000だと思います)

以下が、概要説明となります。

 ◆◆◆N-1グランプリ2007 概要決定!!◆◆◆

5月末よりボランティアスタッフを募集し、50名を超えるスタッフが
集まった名古屋初の中小企業による中小企業のための祭典、その名も

『N-1グランプリ2007』

ですが、とうとうみなさまがたに概要をお伝えできるところまで準備が
整いました!

ホームページ(9/3オープン!)
http://n1-gp.net/

50名が7つの担当グループに分かれ、それぞれの強みを発揮しながら
準備を進めてまいりました。
発起人は007名古屋商法・岩佐卓氏、ルナパーク・柳沢美奈子氏、
ドリシェ伊藤麻美氏の3名ですが、すでに50名全員で構成する実行
委員会全体が発起人とも言うべきイベントになってきています。

スタッフ全員本業がある中、時間をつくり集い、ときには議論を戦わせ、

「異業種‘大’交流会 ― 出会いの創出」

という目的の達成のため、全編「まつり」というイメージを土台に、

「中小企業100社の祭典」

を企画しました!

単なる情報発信のイベントにとどまらず、果敢に出展してきた
中小企業の中から、

「次世代No.1企業」

を選出します。

その次世代No.1企業を50人のおせっかいたちがイベント後1年
かけて世話を焼き、成長を助けます。

様々な趣向を凝らし、このイベントを

「名古屋のさらなる、そして継続的な発展」

に寄与するイベントに育てていきます!

まずはその第一歩となる今年の祭典に、是非ともたくさんの方に関わって
いただきたく、以下の概要をご案内致します。

みなさま方のご連絡を、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!!

------------------------イベント概要------------------------------

◆N1グランプリとは?
NEXT  NAGOYA  NO.1 グランプリ
出展企業100社の中から、次の名古屋を担う中小企業を選ぶイベントです。
「祭り」「出会いの創出」をキーワードに、中小企業自らの手でイベントを
企画しすることにより、創業7年以内の企業をみんなで応援しようという
コンセプトでスタートいたしました。
有名講師による講演会やその他の企画準備中。来場者1000名を目標に
活動しています。
現在50名に及ぶボランティアスタッフが登録し、当日に向けてミーティングを
重ねています。

◆日時 2007年11月10日(土) 10:00~16:00 

◆会場 愛知産業貿易館 第一展示場 中区丸ノ内3丁目1-6

◆イベント内容(ほぼ決定)

===その1===
創業(代替り・業態転換・創業準備中含む)7年以内の中小企業、
個人事業主のブースをど~んと100社出展!

出展エントリーのスタートは、まずは9月15日(土)18:00からの
『出展ブース説明会』にご参加ください!

※説明会の詳細は、N-1実行委員会宛(info@n1-gp.net)にお問合せ
ください。

【出展ブース概要】
当日会場にて、長机1/2(900mm×450mm)を一コマとして利用し、会社の
PRを行なうことができます。
会場のレイアウトなどは、説明会(第1回 9/15)で詳しくご説明致します。

【出展エントリー費用】
1コマ10,000円(税込)(ブース使用料、エントリー料、入場前売チケット
5枚付)

【応募期間】
2007年9月3日(月)~ 9月30日(日)

【応募方法】
事前申込書に記入の上、FAXにてお申込ください。
後日、受付確認のご連絡と説明会のご案内をいたします。
(第1回説明会:9月15日18:00より愛知産業貿易館にて開催)
規定の銀行口座お振込いただいてから正式エントリーとなります。
説明会後、審査書類をご提出いただきます。

※業種は問いません。しかし、実行委員会の協議のうえ、イベントの趣旨に
ふさわしくないと判断された場合、参加をお断りすることがあります。


===その2===
さまざまな趣向をこらし、イベント入場者1000名動員を目指します!

出展エントリー費用に「入場前売チケット5枚」とありますが、N-1は
単なる情報発信ブースを設置するだけのイベントではありません!

参加する者すべてが自分たちのイベントのために「客動員」を行うための
さまざまな趣向が用意されているのです。

まず、入場チケットは以下のカテゴリーとなっております。

前売り券(一般) 2000円
 〃  (学生) 1000円
当日券(一律)  3000円

出展者のみなさんは自分たちの入場にもチケットが必要ですが、残りの
チケットを以前からアプローチしようとしていた企業さんなどにプレゼン
トしてご招待することで、「営業ツール」として活用いただくことも
可能になります!

さらにパンフレットへの名刺大の広告掲載も募集しており、こちらも同じく
1枠10,000円(税込)でご用意します。(出展者も掲載申込み可)
こちらにも5枚の入場前売チケットがついており、ご招待用の営業ツール
として活用できるだけでなく、広告をフリーペーパーとして活用いただく
ことも可能です!
出展ブース対象外の企業さんは、名刺大広告での参画をお勧めします!

また、入場者の方のチケットは裏面が「1000万円出資券」にもなって
おり、グランプリにしたい!と思う企業に参加者一人ひとりが投票いただく
ことで、みなさんの声を反映した「次世代No.1」を決定することとなり、
参加するだけでも面白いイベントとして詳細を計画中です!!


===その3===
東海の著名な経営者に「次世代No.1企業」をテーマにお話いただきます!

数名の著名な経営者のご講演を計画中です!
2度も3度もおいしいイベントにするべく、スタッフが走り回っています!!

◎ご講演者
 株式会社ティア 代表取締役社長 冨安徳久氏

 ホンダワールド株式会社 代表取締役 藤井正和氏
 (FCC/TSR zip-FMレーソングチーム総監督)

※その他、教育関係経営者、飲食店経営者、民主党衆議院議員などにお願い中。


◆出展・入場チケット購入のお問合せ先は・・・
N-1グランプリ実行委員会ホームページをご参照ください!
http://n1-gp.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

雨降りキャンプ

長野県駒ヶ根のオートキャンプ場にK家と出掛けた。

1日は何とか天気が持ちこたえたものの、2日は早朝より小雨が降ったり止んだりのあいにくの天気。

ここ数年、キャンプに出掛けるようになって、初めてのしっかりした雨降りだった。

撤収時に、雨降りだとテントやタープを後日乾かさないといけないので最悪だ。

それに、キャンプ場で雨降りだとやること無くて、子供も大人も手持ち無沙汰。

それでも何とか、しっかり食べて、呑んで、温泉に入って帰って来られた。

K家と我が家は、年に一度は、一緒にキャンプ場に行く間柄。

近所住まいで、2代続けての幼馴染だ。

いつまでも続けて行きたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »