« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月29日 (月)

中日も勝ち、松阪も勝ち、そしてヤスも勝つ。

スポーツの秋にぴったりの日曜日。

コロラドで松坂が快投すれば、札幌で中日打線が爆発する。

スポーツ好き(特に野球好き)の自分には、応えられない一日だった。

そんな日曜日の朝、学区のドッチボール大会に出掛ける次男が、「今日優勝する夢を見たよ」と、寝ぼけた顔で言う。

優勝する為には、4回勝たなければならないし、子供会の行事なので、1年生や2年生や女の子も出場させないといけない。

Photo_2 次男の出場したのは、低学年の部。

3年生ばかりで構成するわけにはいかない。

みんな交代で出場するのだ。

「勝ち」にこだわりすぎるのは、良くない。

「全力プレー」を一人一人が心がければ、楽しいはず。

負けても、参加賞やお菓子やジュースはあるぞ。

(前日、お母さん方が用意してくれたよ)

Photo_10    ところが...。

大方の予想を覆して、優勝!

チームワークの勝利だった。お見事!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

N-1グランプリ打ち合わせも大詰め

6月よりスタッフ参加させて貰っている、N-1グランプリも本番(11月10日)直前で、打ち合わせも大詰めだ。

HPには、動画もアップされた。

http://n1-gp.net/ranger.html

 たった2,000円で、200のビジネスチャンス

  100の出展社、
  http://n1-gp.net/intro-booth.html
  50人の運営スタッフ、
  http://n1-gp.net/intro-staff.html
  6社のスポンサー、
  http://n1-gp.net/intro-sponsor.html
  4人の素晴らしい先輩起業家、
  http://n1-gp.net/intro-lecture.html
  50社の応援企業(当日のプログラムをお楽しみに)

 に一日で会えちゃう、どきどきわくわく中小企業の祭典、

それがN1グランプリ2007」!
 http://n1-gp.net/

チケット購入は、HPから、もしくは私にお声をおかけください。

前売りチケットは、残り僅か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

カリスマの話を聞く

若鯱会の例会で、カリスマ男優「加藤鷹」のトークショーに参加した。

若鯱会の例会に、男優を呼ぶだけでも大変なのに、¥5000のチケットを300枚売り切って、会場を満員にした5Gリーダー恐るべしである。

0059 内容は、生い立ちから東京に出てきて、AV業界に入るまでの苦労話。

業界に入ってからも、女性に対する変わらぬ優しい想い。

相手を思いやる気持ちは、観察力が大切なのだそうだ。

数々の驚くエピソードの中でも、お相手した女性の数が6000人というのには、驚愕だ。

6000本出演しているので強ち嘘ではないと思うのだが。

負け惜しみじゃないけれど、6000人より本当に好きな人と6000回の方が、良いなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

ボランティアについて考える4

授産所への作業服販売も、メーカー、外注業者の協力があっての賜物だ。

前述したとおり、特殊体型に対応する為に、メーカーから付属品を取り寄せて、袖直しや、丈直しを地元の業者で行う。

業者にも理解を頂いて、たいして利益にもならない作業をお願いしている。

ボランティアは、今すぐ出来る簡単なことから、自分の仕事を介して役に立てることまで数多くある。

今日すぐ出来ること、準備を整えてから行うこと、1人で出来ること、協力し合って出来ること、組織で行うことなど様々だ。

何か少しでも、誰かの役に立ちたいと思う心が大切だ。

これは、ビジネスにもリンクする。

利益追求だけでは、存続しない。

ビジネスを介して、何か少しでも、誰かの役に立てていることが大切なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

ボランティアについて考える3

まずは、知人が働いている守山の授産所を手始めに、平針、港、中川、中村の授産所を訪問した。

予想通り、作業服購入には苦慮してみえて、弊社の商品を喜んで購入してもらえた。

ボランティアとは書いたが、製品原価や諸作業に伴う経費分は頂戴した。

数量も多いので、全てが無料だと立ち行かない。購入する側も歯止めが無くなってしまう。

自分の人件費分が、ボランティア分となる。

採寸に伺うと、嫌がられて、自宅にまでお邪魔したこともあった。

パニックになって、テレビを倒す人も居た。

そういったことを、面倒くさいとか、怖いとか、恐ろしいとかは、全く思わなかった。

これは、自分が小学生の頃から身近で障害のある人と接してこれたからだと思う。

障害を持つ人は、感性が豊かで研ぎ澄まされている人が多い。

こちから警戒すると余計に殻に閉じこもってしまう。

自分の仕事を生かせるボランティアは、これだと思った。

今年も、郵便で案内をお送りした。

問い合わせが有れば、お1人でも一枚でも伺うつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

ボランティアについて考える2

自分の仕事を活用してのボランティアが何か出来ないかと考えて、授産諸施設の作業服の仕事を始めた。

授産所とは、障害を持つ人たちの作業施設である。

主に知的障害の社会人が製品の袋つめとか、製箱作業、縫製作業などの作業を行う。

名古屋市内に大小あわせて36箇所ある(2005年データ)。

障害を持つ人には、特殊体型の人がいる。

胴回りの割には、手足が短かったり、上下が上着L、パンツ3Lとか。

そういった人たちが、快適に働ける作業服を着てもらえないかと真剣に考えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

ボランティアについて考える

若鯱会の例会で、難病のこどもの夢をかなえるお手伝いをする、メイク・ア・ウイシュ・オブ・ジャパンの講演、活動映像を見た。

筋ジストロフィと闘いながら、阪神赤星選手に逢うために、車椅子で甲子園球場を目指す少年とか、がんと闘いながら絵本を出版する夢を追いかける少女の話...。

どれも心を打つ話ばかり。

ボランティアについて考える。

大きな組織団体のような活動は出来ないけれど、小さな自分たちでもすぐに出来ることがきっとある。

指一本で出来るボランティア。エレベーターの「開」ボタンを押して、ゆっくり乗降してもらうのも小さなボランティアだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

故障は、続くよ。

先日のカラープリンターに続き、帳票打ち出しのドットプリンターが故障してしまった。

故障は、重なるものだ。

同じ時期に購入して同じように使っているのだから当たり前といえば当たり前だが。

今回は、紙詰まりに端を発して、インクリボンのローラーへの巻きつき、ローラーの不具合となったわけだ。

本日、部品交換を行ってそれで駄目なら、新品を購入しなければならないかも知れない。

これ以上、故障が続かないことを祈るばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

プリンター壊れる

N1グランプリ説明会の資料作成の為、プリンターをフル稼働していたらカラープリンターが壊れてしまった。

数時間に渡り、1000枚近くを印刷していたので、オーバーヒートしてしまった。

修理が¥12000くらい。同等製品の新品が¥30000くらい。

新品購入をすることと思う。

PC周辺機器は、本当に安くなっている。

その分、消耗品(インクリボン)とかは、そこそこ高くなっているが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

ママチャリの限界

9月10月は、弊社の繁忙期でもあり、子供の行事(運動会や遠足、中津川)が重なる時期でもある。

なかなか家族だけで過ごすことの出来ないある日曜日の昼下がり。

八事のトイザラスまで自転車で行ってみよう!ということになった。

長男次男は、それぞれの自転車で、私は三男をママチャリの後部座席に乗せて出発。

片道4kmくらいだが、行きはほぼ全面的に上り坂。

その結果、

Photo こんな汗びっしょりの、くたくたになりました。

ママチャリは、体重65kgまでの人が快適に走れるように作られているそうだ。

二人合わせて、90kg以上のママチャリは、あまり快適に走れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

イベントブルゾンが完成

イベントN-1グランプリのイベントブルゾンが完成した。

N-1とは→http://n1-gp.net/Photo Photo_2

11月10日当日にボランティアスタッフが着用するものだ。

プレゼンテーションや撮影会で着用されるのみならず、イベント後も長く気に入って着用してもらえる素材デザインにした。

こういったイベントブルゾンは、なかなか予算が取れず、提供者の意見が反映されにくい。

どうせ短期間しか着ないのだから、安価なもので良いだろうみたいな...イメージが強くて。

今回は、ロゴデザインのセンスの良さ、製品へのこだわり、ハイグレードなプリント技術の融合でイベントブルゾンを完成させた。

デザイナー、製品提供者、プリント業者が、いずれもイベント関係者で、それぞれの拘りと、スタッフに良いものを着てもらいたい想いが繋がって完成した。

こういう仕事をさせてもらう時、今の仕事をしていて良かったとしみじみ感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

三男最後の幼稚園運動会

6日(土)三男最後の幼稚園運動会が開催された。

長男次男と続けてお世話になったので、計8回目の運動会となった。

172 8回連続で感じるのは、ビデオカメラの多さだ。

三脚付きのものも数え切れないくらい並んでいる。

我が家は、何枚かの写真は撮るが、なるべくカメラではなく、自分の目で見て感じて、思い出に残るようにしたいと常々思っている。

その日の夕食で、今日の運動会のこと、8年前の運動会のことを思い出して話すことはとても楽しい。

これから先も、ビデオカメラは買わない予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »