« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

マジカルミステリーツアーIN中国 お酒編

中国で頂いたお酒は、ビールと紹興酒。

ビールは、日本とくらべてアルコール度数が低く3%程度。

中国の人は、寒いときに冷たいビールは呑まないそうだ。

呑んでいるのは、日本人ばかり。

紹興酒は、5年物、10年物、20年物、30年物で値段が変る。

30年物は、5年物の約20倍。

試しに頂いたけど、芳醇な香りで、とてもまろやかだった。

日本では、燗をつけた紹興酒に氷砂糖やレモンを入れるけど、中国では刻み生姜を入れる。

これが、身体を温める効果抜群で料理にも良く合う。

現地の料理を頂くときは現地のお酒を頂くに限る。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

マジカルミステリーツアーIN中国 食事編

中国で頂いた食事はもちろん中華料理。

日本で頂く中華料理は、餃子を筆頭に脂っこいイメージがあるけど、現地の料理は、脂っこさはほとんど無い。

蒸したり、焼いたり、炒めたり、揚げたりして、充実した素材を多様な調理法で仕上げている。

特に、川魚の揚げたものは、まるで生臭さが無く、どれだけでも食べれそうだった。

お腹いっぱい食べても¥3000をこえることは無い。

野菜をはじめ、鶏肉、豚肉、牛肉、魚と多品種をバランスよく取ることが出来る。

中国人が元気で長寿なのもよく判る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

マジカルミステリーツアーIN中国 渡航編

25日~27日まで若鯱会SBI研究会研修旅行で中国上海・蘇州・杭州に行ってきた。

まずは、渡航編。

年に1度行くか行かないかの海外旅行だが、日本の航空会社を使うことは、はっきり言って少ない。

ところが、今回はJAL。

海外の航空会社とくらべると値段は高くなるけど、サービスは充実している。

食事も美味しい。

移動の2時間半を快適に過ごせた。

もちろん、ビールもワインも頂いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

業界の将来

1月14日15日は、福山出張だった。

今春夏新作ユニフォームの展示会見学の為だ。

新製品を見ることもさることながら、メーカーのデザイナーや企画部、研究部の人間と情報交換が出来ることにメリットを感じる。

総じて語られるのが、業界の将来のことだ。

業界の将来は、はっきり言って厳しい状況に間違いない。

原油高騰による原材料の値上げ、製造拠点の中国、ベトナムなどでの人件費の高騰。

そしてなによりこれまでずーっと「安売り路線」で来てしまっているものだから、ユーザーはたたけば安くなると考えるし、多くのユーザーは、安く買える所から購入する。

製品原価が上がってしまった昨今、もう「安売り路線」では、ビジネスが成り立たなくなっているのだ。

業界にもユーザーにも、全てのサービスの向上を含めた「本質路線」(ユーザーにマッチした製品の供給)が浸透していくには時間が掛かることだろう。

しかし、どんな不況の中でも売り抜けていくディーラーや、大雨の中でもスコアを伸ばすゴルファーがいるように、どんな状況下でも業績を伸ばしている企業は存在する。

幸い、SOHOは、これまで出来るだけ「安売り路線」を避けて仕事を進めてきた。

安売りで上場企業や商社と渡り合っても分が悪いのだ。

本当にユーザーに満足していただけるサービス本質の追及こそが、業界のの生き残る道なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

委員会始まる

21日は、第1回委員会の開催日。

各グループ委員さんとの初顔合わせだ。

11月に委員長の拝命を頂き、運営方法など模索が続いたが....。

委員長として、どんなことを言えば良いか、どんなことをすれば良いか、考えた。

今までの14年間で7回の委員会に参加してきた。

7人の委員長の下で動いてきたわけだ。

どんな委員長が良くて、どんな委員長がそうではないのか。

少なくともそうではない委員長にはなりたくないし、代表幹事にも迷惑が掛かるので、其れは避けたいところだ。

自分にとって、約束を守れない、意見を聞いてくれない、上から物を言う、自分に甘く他人に厳しい、委員会を私物化する、一貫性が無い...。こういう人は困る。

これって、仕事でもプライベートでも一緒じゃないか。

良い委員長には、なれないけれど頑張る委員長には成れるはず。

そう信じて、これから頑張りたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

忘れ物

SOHOが忘れてはいけないものベスト3.

財布(カード・現金)、携帯電話、キーケース(自動車や自宅や事務所の鍵)である。

本日、午前中携帯電話を置きっぱなしにして碧南市まで来てしまった。

不便だった...。

なにしろ、公衆電話が全然無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

読売新聞の取材を受ける

「わが街」企業ファイルの特集で、読売新聞の記者さんが、弊社に取材にみえた。

名古屋市内の中小企業の技術や特徴、拡販方法などを核心に迫って取材を続けているそうだ。

弊社での、「食の安全」をサポートするHACCP対応ユニフォームの販売状況をお話しさせて頂いた。

ほんの1時間ほどの取材で、10ページ以上のメモを取り、抱えるほどの資料を持ち帰り、夕方には原稿が配信されてきていた。

文章を読むのも書くのも好きな自分であるが、本物の記者は、プロの記者は、やはり違う。

歴然としたプロとアマの違いを痛感した。

ユーザーから、本物のプロだと思われるような活動行動をしなければいけないんだな。

取材を受けて、一つ勉強になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

友人は一日にして成らず

若鯱会の20周年の委員会メンバーが基となって、集まる会がある。

もう6年前の委員会だ。

メンバーが結婚したり、社長になったり、新築したりするたび、何かと集まって、ともに喜んだり、呑んで騒いだりしている。

まあ、気の会うメンバーで何かと理由をつけては呑んでいる訳だけど。

しかし、大小はあれどメンバーは、会社のオーナーか次期オーナーばかりなので、一同に集まれる時間の工面も容易ではないはずだ。

それでも、楽しい時間を共有する為に、集まってくる。

そして、こういった集まりは、本人のみならず、パートナーや家族にまで普及して行く。

奥さん同士、子供同士も仲良くなってくれているのだ。

昨日も、Tさんの新築祝いと称して、メンバー8名、4家族が集まって呑んで騒いだ。

この楽しい時間が過ごせるのも、メンバー同士が尊重しあったり、パートナーや家族の理解があってのことだ。

自分たちの子供の時代までも、ずっと続くことを切に願う。

そして、昨日お世話になったTさん、Tさんの奥さん、Tさんのお子さん達。

本当にありがとうございました。

あなた方の美味しい料理と楽しい会話でよりいっそう楽しく過ごせました。

次は、F家でのパーティーだ。F頭サン宜しくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

強引に進み、強引に戻る。

雨の休日だった12日。

次男と二人で強引にスキーに出掛けることにした。

木曽福島スキー場に電話したところ、昼から雨が上がる見込みだとの事。

名古屋市内も、雨が上がりかけている。

早速、板を積み込んで出発。

ところが、現地はバケツをひっくり返したような大雨。

もう一山超えた、マイアスキー場も同じく大雨。

泣く泣く帰ることに。

昼食にお蕎麦を頂いて、クアリゾート湯舟沢で温泉に入って帰ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

雨の休日

SOHOは、休みの日に、ゆっくりしようなどとは全く思わない。

家族と出掛けるか、野球に出掛けるか、トレーニングに出掛けるか...。

この時期は、スキーに出掛けることが多いのだが、本日は雨。

現地も吹雪いている可能性大。

こんな日は、こんな日は...、こんな日は、デスクに向って雑務をしてしまうのだ。

SOHOの悲しい習性。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

家族に救われる。ビリー・ジョエルに救われる。

顧客先とどうしても折り合いが付かないときがある。

それは、コストだったり納期だったりするわけだが。

折り合いが付かない時は、基本的に依頼をお断りすることにしている。

もちろん、ありとあらゆる可能性を模索してからだけど。

出来ない約束をしてはいけないわけだ。

また、無理やり通す約束は、どこかで影響が出る。

当事者同士の関係が悪くなって、継続しないとか。

他の顧客にまで影響を与えてしまう場合さえある。

しかしながら、断りに断れない、やるにやれないような案件も存在する。

メーカーとの板ばさみになったり、顧客紹介者の顔を潰す事が出来なかったり、着用される現場のことを考えたり...。

特に、感情的になってしまった担当者との調整には頭を痛める。

担当者も管理職との板ばさみで、厳しい条件を出してくる。

それが感情的になっているのだから手に負えない。

先日も、夕食時に電話で一方的に条件を並べ立ててきた。

そんなときは、どこにも持って行きようの無い虚しさとか、悲しさとかが募るわけだ。

そこまで言われてまで、継続する必要があるのだろうか?

と、こちらも感情的な考えになってしまう。

食事をしながらの家族の言葉が無かったら、感情的になっていたかもしれない。

さらに関係を悪くしていたかもしれない。それは無意味なことなのだ。

翌日も、移動中に電話がかかって来た。

ちょうど信号待ちで、ビリー・ジョエルを聞いていたときだった。

ビリー・ジョエルを聞いていたからかもしれないが、自分は、一切感情的にならなかった。

しびれを切らした先方がこちらの条件を全面的にのむ形で先に進むこととなった。

まだ、多難な面も含みながらだが、良い方向に向っていることは間違いない。

また、周りに救われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

長男に負ける

ガチンコ勝負の将棋で、長男に負けた。

攻撃一方の長男にこれから反撃というところ、角道を空けてしまって、撃沈。

長男の成長を喜ぶべきか、親の威厳の失堕を嘆くべきか。

いずれにしても、長男との勝負には、もう気が抜けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

仕事始め

SOHOは、7日から本格的な始動となる。

とは言っても、年末年始で一日OFFだったのは、スキーに行った5日のみ。

何かと雑務がある。

まとまった休みを休日を利用した作業も発生する。

そういった作業を済ませておくことで、良いスタートが切れるんじゃないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

同窓会

中学校の同窓会を27年ぶりに行った。

30名集まったが、はじめは、なかなか名前が思い出せない。

地元小学校のPTAをやらせてもらっている関係で、PTA行事でいつも会う数人はすぐに判ったのだが。

その数人を足がかりに一人一人と挨拶を交わしていくと次第に思い出し、2時間後にはほぼ全員のことを思い起こすことが出来た。

参加者のほとんどに、自分に対してのイメージが変わったと言われた。

15歳のときは、160cmと背も低かったし、髪も剣道部だったため坊主頭だった。

30名の中で一番背が高くなっていたし、男性の中では髪が長かった。

イメージが変わるのは、良いか悪いか判らないけれど、すぐに変ったわけではない。

20年以上掛かって、少しずつ変ったんだ。

身長や髪型だけじゃなく、大げさに言えば生き方さえも。

変った人も変らない人も、一日一日を積み重ねて、こうして同窓会に来ている。

ずっと勉強や事業や家業や家事や育児に頑張ってきた人、途中でドロップアウトしたけど復活してきた人。

30名には当然30通りの27年間が有ったわけだ。

余りにたくさんの思い出が蘇って来て、混乱しそうになったくらいだ。

これを機会に、半年に一度程度の同窓会を続けていくことになった。

少しでも、長く続くことを心から願う。

半年後、変わったといわれたイメージが見掛け倒しだったとばれないようにしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

元旦二日三日呑みまくり

元旦は、女房の実家で、ビール数本と焼酎数杯。

二日は、弟夫婦が遊びに来たので、ビール4本、日本酒2合と泡盛2杯。

三日は、M家とF氏と我が家での新年会でビール4本とワイン1本。

全日本酒量選手権とかがあったら、100位くらいまでに入っているかもしれないなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

福袋をマネジメントする

初売りで、熱田のイオンに出掛ける。

様々な福袋を目にすることとなる。

確かにお徳!

定価ベースだと5倍近い金額が入っているものもある。

しかし、不要なものも含まれているので我が家は購入しない。

物溢れ時代にこれ以上物は要らないのだ。

買い物は、ピンポイントで購入することに努める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

はじめに想うこと

これからの経済状況がSOHOにとって有利なのか不利なのか?

これからは、有利なんじゃないかと考えている。

これからは、本質の時代。

安いだけでは存続しない。

SOHOは、その名の通り規模は小さいが、限られたお客様にではあるが行き届いた本質のサービスと共に商品を提供することが出来る。

もちろん、大手でもしっかりしたサービスを提供しているところは有る。

でも大手の営業マンには、個人差があると思う。

SOHOには、個人差が無い。営業は1人だから。

SOHOは、中小企業と膝を付き合わせた商談を続けていくことで、成長の可能性を感じる。

そんな事を、今年はじめに想った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

今シーズン初スキー

31日、年末業務を早めに切り上げて木曽福島スキー場に出掛けた。

道中は大雪。現地も小雪の降る-6℃の寒さだったが、ファミリーで賑わっていた。

世間が忙しい中、1日前倒しして遊びに出掛けるのもSOHOの得意技。

しかし、1人で留守番&大掃除の仕上げを請け負ってくれた女房が居たからこそ出来た得意技だ。

SOHOのカリスマには、女房のカリスマが必要なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »