« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

カッパ2000枚本日中

中学同窓会のメンバーから14時前に電話を貰った。

本日中に使い捨てカッパ2000枚を入手したいとの事。

折からの大雨で、イベントの備品として急用となったらしい。

価格は、¥100台。

携帯電話が電池切れになるまで、かけ続け何とか確保。

価格よりも枚数が高いハードルだった。

18時過ぎ、段ボール17箱の商品を届けた。

こんな場合は、ビジネス抜き。

仕入れ→売り上げは、端数切り上げ分だけを頂いて終了。

仕事のノウハウ、人脈が、知人友人の多少の役に立ったのだ。

これも、SOHOのパワーだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

8月終わり

甲子園が終わって、オリンピックが終わって、8月が終わってしまう。

急に暑くなって、急に涼しくなった印象だ。

8月は、家族のうち3名が誕生日を迎えるし、お盆休みが有るし、夏休みだし。

目まぐるしいようであっという間に駆け抜ける。

さて、明日明後日は、3Gおしゃれキャンプだ。

天気が心配だけど、今年の夏の集大成。

家族でしっかり楽しんで来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

ご連絡

25日のアクセス数が通常の5倍以上となりました。

どなたか心ある方が、ご案内いただいたのでしょうか?

ご自身のブログなどに貼り付けていただいたのでしょうか。

お心当たりのある方は、ご一報ください。

心よりお礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーメの丘に行きました

24日は、若鯱会家族会で「ブルーメの丘」へ出掛けた。

若鯱会に入って15年。

家族会には、10回以上参加していると思う。

自分が担当委員になったこともあった。

異業種交流会の家族会は、経営者が家族に日ごろどんな方々とお付き合いしているか理解してもらう場でもある。

また、経営者同士お互いの家族の親睦を深める場でもある。

ビジネスで活躍、会で活躍されている方の家庭はとても纏まりが有る気がする。

社会の最小単位である家庭を纏められなくて何が纏められるというのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

佐藤の気持ち

北京オリンピックも閉幕した。

ソフトボールや柔道、水泳やレスリングでスリリングなシーンが見られながら、金メダル期待の野球は、メダルも取れなかった。

準決勝・3位決定戦で続けて落球をしたGG佐藤選手。

レベルは、天と地ほども違うけど、2週間前にエラーした自分は、とてもよく気持ちが判るぞ。

出来れば同じゲームの中で、チーム全員でエラーを帳消しにするプレーを行わなければいけない。

今回はそれが出来なかっただけ。

エラーも野球の一部なんだ。

エラーの無い野球は、失敗の無い人生のように味気ないモノになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

値上げの狭間でその3

弊社も何度か安売り業者に差値を入れられたことがある。

その時のエンドユーザーの反応は...。

「同じ商品で安くしてくれる業者が来たからそこで買うわ」

「安売り業者と同じ価格にしてくれ。そうじゃないとお宅からは買えないよ」

と、いう反応は、実は少ない。

弊社のほとんどのエンドユーザーは、

「安売り業者が来たけど、断っておいたよ。お宅とは10年以上の付き合いがあるし」

「加工や納期、別寸もこれからもよろしく頼むよ」

中には、

「この界隈を安売り業者が飛び込み営業しているので気をつけたほうが良いよ」

などと、電話してくれるユーザーもみえる。

安売り業者の難点を理解しつつ、弊社をご評価いただいている方ばかりだからだ。

価格は一時の魅力。サービスは永遠の魅力。

安くても納期が掛かったり、サイズ交換、補修などが上手く出来ないと、結局はユーザーに迷惑をかける。

1人分1枚、1サイズ揃わないだけで作業服・ユニフォームの価値はなくなってしまう。

ユーザーの総務担当者は、購入時に煩雑複雑になることに困惑する。

いつでも業務は、シンプルに正確に迅速に行いたいものなのだ。

安売り業者から一旦は購入したものの、弊社から再度購入を求められるユーザーもみえる。

このユーザーは、安売りの弊害にあったわけだ。

価格ではなれてしまったユーザーも、サービスを求めて戻ってくることがあるのだ。

だから、業者変更したユーザーにも、

「お困りごとが発生したらいつでも申し付けください」

と言う一言を必ず申し上げるようにしている。

安売りは、最も簡単な拡販手法。

価格以上のサービスを提案し付加して行くのが、最も確実な拡販手法。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

値上げの狭間でその2

一方、値下げを売りにして拡販を図る同業他社も少なくない。

値下げは、エンドユーザーにとって悪いことではない。

初回購入の決め手の50%を締めるとも言われている。

ただし、過度の値下げ、安売りは結局は、皆を不幸にする。

安売り営業の一例だが、飛び込み営業を行い、半ば強引に現状商品を入手し、巧みに現状価格を聞き取りし、差値差値で契約していく。

「すいません。お宅の作業服を見せてください」

「現在おいくらでお買い求めですか?」

「同じものが、うちでは¥OOOOで購入できますよ。いかがですか」

...みたいな感じだ。

我々の取扱商品は、90%以上が既製品(メーカー品)だ。

全く同じ商品を違う業者が仕入れて、エンドユーザーに販売することは不可能ではない。

しかし、この拡販手法に未来はあるのだろうか魅力はあるのだろうか。

一番簡単な拡販手法は、安売りなのだ。

これは中学生にでも出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

値上げの狭間でその1

世の中、値上げラッシュである。

制服・作業服業界もご多分に漏れず、原油高による原材料・付属品の値上げや海外(主に中国)の人件費の高騰などで製品原価が値上がりしている。

原価が上がったので売価に転嫁するというような単純な思考をSOHOは、好まない。

創意工夫と拡販で乗り切るつもりでいる。

創意工夫は、今まで以上にコストを見直しムダ・ムリ・ムラを削ることに徹する。

優良顧客への拡販を進める。

簡単なことではないが、遂行することには大いに意義があると思う。

値上げの対応が値上げというのには、全く工夫が無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

宿題

子供の宿題が終わらない。

だけど、子供の宿題が終わらないのに親が落ち着かないのはなぜだ。

日ごろの自分と重なるからか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

夏の終わり

夏の甲子園が終わってしまった。

北京オリンピックも半ば過ぎ。

大好きな夏が終わってしまう。

夏の終わりが寂しいのは、自分だけだろうか。

夏の終わりが寂しいのは、仕事が忙しくなって行くからだろうか。

やり残しの無い様に過ごしていかなければ。仕事も遊びも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

痛恨のエラー

17日は、サンデーリーグ戦。

序盤2回で痛恨の落球。

4回には、ライナーを取るのに必死で、楽々タッチアップを許す。

落球は、多分2年ぶりくらい、落球の影響でその後のプレイに切れを無くす。

エラーは、忘れた頃に、そして起こってはいけないようなところで起こる。

日々、十全な準備をしているつもりでも足りない何かがある。

驕り?謙虚の無さ?...。

凡人の自分は、倍の努力と倍の謙虚さが無ければ普通の人に追いつけないと痛感した。

連休の最終日に良い教訓を貰えたと前向きに受け止めよう。

試合は、自分も1打点を上げるなど後半追い上げて、最後はサヨナラ勝ち。

さあ、今日から仕事!

倍の努力と倍の謙虚さを肝に銘じて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

リフレッシュ・リフレッシュ・リフレッシュ

15日は、ファミリーで映画を観に行く。

「崖の上のポニョ」を観る。

夜は、大学時の友人との呑み会。

7名の人生を7名の男たちが熱く語る会。

16日は、ファミリーで海水浴。

知多美浜で、泳ぐ潜るはしゃぐ。

今日17日は、午後から野球。

しっかりリフレッシュして、しっかり仕事に向き合って行きたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

三男7歳

12日は、三男7歳の誕生日。

たまたま、女房の実家に毛蟹が届いたのでご馳走になることに。

最後にみんなでケーキをを食べて、楽しい誕生日会だった。

こんな時がずっと続けばよいのに...。と思うが実際はあと少ししかないのだ。

少ししかないけど、その少しを精一杯楽しめばよいのだ。

だれも同じように、いつかは大人になる。

大人になった時、自分の子供の時以上の幸せや楽しさを周りに伝えられれば良いのだ。

誰からも好かれ、誰のことをも好きになれる三男がこれからも炸裂気味でも良いので元気で過ごせますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

中学同窓会

9日は、中学同窓会。

いつも近所で会っている人やら、半年振りの人やら、28年振りの人やら。

同窓会に行くと、当時にタイムスリップするなあ。

まずは、当時の話で盛り上がる。当時の立場で話をする。

それから、現在の立場となって盛り上がる。

当時とギャップがあると、またまた盛り上がる。

自分は、当時から背がかなり伸びて(プラス20cm)、久振りに会う人は、みんな驚く。

見ていて、当時の話ばっかりする人と、結びつけて現在の話をする人に分かれる。

過去に固執している人の話より、現在を楽しんでいる人の話のほうが楽しい。

未来を見据えて、現在を生きているのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

ビギナーズキャンプ

8日9日は、若鯱会2Gメンバーで長野県大芝荘へキャンプに出掛けた。

8家族のうちキャンプ体験があるのは、我が家だけ。

まあ、一泊二日なので何とでもなると思ってはいたが。

大雨が降ったり、食材の過不足があったり。

レンタルテントは、昭和の時代のものでかなり雨漏りが有ったらしい。

我が家は、安物ながらドームテントだったので、何とか過ごす。

テントを買って、家族でキャンプに出掛けるようになって、はや4年。

家族も自分も多少逞しくなったのだろうか。

さて、月末は我が家をキャンプの虜にした3Gのお洒落キャンプ。

お洒落キャンプでは、我が家が一番ビギナーとなる。

今から楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

次男誕生日は伝説の日

8月4日は、次男10歳の誕生日だった。

同日、中日ドラゴンズの山本昌投手が通算200勝をあげた。

おそらく、史上最後の最後の200勝投手だろう。

43歳25年目(実労20年)での達成。

同い年として、頭が下がる思いだ。

とんでもない大偉業も、一つ一つの積み重ねであることをあらためて強く感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

甲子園への道番外編

第2試合東邦の試合が終わり、第3試合大阪桐蔭の試合が始まるとすぐに、雷が鳴りはじめ、雲行きが怪しくなってきた。

土砂降りになる前に帰途に着く。

新大阪までは、込み合いながらも順調に着たが、新幹線は雷による停電と大雨の影響で最大75分遅れ。

初めて乗った新幹線がとんでもないトラブルに見舞われてしまった長男次男。

旅行も甲子園への道も容易くは無いのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲子園への道その4

自分も中学1年の時に甲子園球場にはじめて行った。

野球をやったものなら、一度は見ておきたい甲子園に出場できる可能性が無くなる前に、行けたのは良かった。

出場できる可能性とは、年齢的なものがほとんどの比率を持つものなのだけれど。

甲子園を生で見た長男次男は、少なくとも自分の子供が野球を始めたら、きっと子供をここに連れてこようと思うはずだ。

甲子園はそんな球場なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

甲子園への道その3

攻守交替ももちろん、試合終了時の挨拶も全て全力疾走。

エラーしたインニングや、負けた試合など足の重い時もあるはずなのに。

どんな時も全力疾走。

我々は、すぐに立ち止まって、とぼとぼ歩き出してしまう。

全力疾走の積み重ねに、大きな目標や大きな夢があったことを忘れてしまったかのように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

甲子園への道その2

新幹線で新大阪に着くとJRで大阪まで移動。

さらに阪神電車で甲子園まで移動。

この時期は臨時電車が増発されていて、さほど待ち時間は掛からない。

球場に着くと、まずは外苑をぐるりと廻り、ライトスタンド席へ。

ご存知の方も多いと思うが、外野席は無料。

入った瞬間、眩しい日差しと鮮やかな芝生が目に飛び込んでくる。

いつも観に行くナゴヤドームとは違った迫力がある。

やはり野球は屋外でやるものだとつくづく思う。

東邦-北海戦は、15-10の打撃戦を東邦が制した。

両校の選手が所狭しと走り回る。

プレイの一つ一つは、プロ野球にとどかない部分はもちろん有るが、ボールに対する直向さがひしひし伝わってくる。

全力疾走・全力投球を繰り返す。

そこには、我々大人が忘れてしまった何かがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

甲子園への道その1

長男次男と甲子園の高校野球を観に行くことにした。

甲子園甲子園というが、正式名は全国高校野球選手権大会。

球場名が、大会名より知られている大会というのも凄い。

野球は知らなくても「甲子園」を知らない人は少ないと思う。

今年は、90回記念大会ということで出場校も55校。

これから2週間と少し、全国4000校の頂点を極める戦いが進むわけだ。

6日第2試合の地元東邦高校戦に合わせて出掛けた。

電車で遠出するのも初めて、新幹線に乗るのも初めての小学生を連れての小旅行。

「自分は自力で行くからいい」と言い、行き渋る次男を説得して出発。

次男は、高校生になったら自分自身で出場できると決め込んでいるのだ。

そんなに甘くないことを判らせる為にも、連れて行ったほうが良さそうだ。

11時過ぎの新幹線に乗り込んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

迷い犬

我が家のガレージに迷い犬が来た。

黒の大型犬。

しばらく「いち」と遊んでいた。

「いち」は、水鉢を取られたりして時折吼えた。

飼い犬だったらしく、人にもなれている様だ。

「いち」も何度か脱走したことがある。

いつも警察にお世話になり、帰途に着く。

迷い犬も、飼い主が探しているかもしれないので、警察に依頼して引き取ってもらった。

飼い主と会えると良いのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

委員長会始まる

本年度6委員会の委員長同士が集まって「委員長会」を行うこととなった。

若鯱会の行事では、何かと顔をあわせる6人だが、それぞれの委員会業務に忙殺されて、なかなかゆっくりと話ができない。

そこで、日をあらためて、みんなで集まることにしたのだ。

会は、予想以上に盛り上がった。

共通の悩みあり、共通の疑問あり、今後の課題ありで深夜まで話しをした。

また、仲間が増えた。嬉しい。

来月から毎月行う予定だ。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

三人帰る

長男次男が、御岳キャンプから帰ってきた。

飯盒炊爨をしたり、獲った魚をさばいたり、キャンプファイヤーをしたり...。

充実した3泊4日だったようだ。

サバイバル生活から帰ってきて、多少変化があるかと思ったが、相変わらず宿題はやらず、遊ぶことばかりを考えている。

一方、親のほうは子供がいない4日間のほうが落ち着かなかった。

寂しいので、夫婦で呑んでばかりいた。

「かわいい子には旅をさせろ」というのは、子離れの為に有るのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

百老亭へ行く

三男がT君のところへ泊まりに行ってしまった。

長男次男は、御岳へキャンプに行っている。

そしてまた、夫婦で今池「百老亭」へ出掛けた。

小ぶりの餃子が10個で¥450。美味。

焼き餃子30個、水餃子20個をビール3本と共に頂く。¥4050.

20分ほどで店を出る。

カウンターのみ20席あまりだが、回転良く客が入れ替わる。

お持ち帰りも多い。250個などというのも珍しくない。

餃子以外には、バリ焼きそばと卵スープがあるくらい。

4台のコンロで、どんどん餃子を焼いていく。

商品を特化することで、顧客満足を得ている。

もちろん、しっかり儲かっていることだろう。

品揃えの多い二流より、一流の単品を頂きたい。

ラーメンは、他の店で頂けば良いのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

2535km

7月のアルファードの走行距離。

つぐ高原の往復150kmはあったけど、それ以外は全部仕事。

碧南のユーザーのところへ足繁く通っていたからだけど。

ガソリン代は、4万円超だ。

今月からさらに、値上がりするらしい。

¥200/Lになったら、洒落にならないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20年度突入

弊社は、7月決算だ。

したがって、今日8月1日から平成20年度突入だ。

気持ちもあらたに頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »