« スポーツの秋 ソフトボール情報収集編 | トップページ | スポーツの秋 ソフトボール2回戦編 »

2008年9月19日 (金)

スポーツの秋 ソフトボール第一回戦編

迎えた当日。

小学校の校門で待ち合わせをして、会場の北山中学校に向かう。

小学校には8時集合だが、自分たちが到着した7時45分には数人が集まりキャッチボールをしていた。

実は前日の午前中2時間も、近所の公園で練習していたのだ。

加えて、ウイークデーは、早朝5時過ぎから登校時間まで練習していたメンバーもいた。

何とか一回戦くらいは、勝ちたいものだ。

会場に着いた。他校のメンバーを見る。

予想したとおり、男子中心のチームばかりだ。

6年生ともなると走力・筋力(肩)に男女差が出てくる。

塁間の短いソフトボールは、内野安打か否かの差になる。苦戦は必至だ。

スタメンは、男子3名女子6名。

シートノックもしっかり出来た。

どんなときも全力疾走すること。エラーが出てもみんなでカバーしあうこと。

エラーもソフトボールの一部。怖がらず思いきってプレイすること。

自分がいつも試合前に思うことをメンバーに伝えた。

緊張の中、プレイボール。

我チームは、ピッチャー中心のチーム。

ソフト部のエースが、男勝りの速球をコントロールよくアウトローに決める。

四球も無い、エラーも無い。そんな序盤戦を貧打も手伝って0-0で終える。

メンバー4名の入れ替えも済んで、男子4名女子5名のメンバーとなる。

監督の最初の仕事、全員出場させることはOK。

攻撃時には、コーチボックスに入り、守備時には守備位置を打者ごとに大声で指示する。

一回戦は終盤、ホームラン一本の1-0で逃げ切り勝ち。

何とか一回戦を突破できたのだ。

|

« スポーツの秋 ソフトボール情報収集編 | トップページ | スポーツの秋 ソフトボール2回戦編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170191/42522469

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツの秋 ソフトボール第一回戦編:

« スポーツの秋 ソフトボール情報収集編 | トップページ | スポーツの秋 ソフトボール2回戦編 »