« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月27日 (月)

久々のお一人様

木曜日金曜日は、それぞれ若鯱会名駅支部・あらたま支部の合同例会。

2回ともスピーチが必要。2回とも2次会有り。

土曜日は、早朝7時より岡崎で打ち合わせ。

安城・刈谷と納品を済ませて、妹(西枇杷島→瑞穂区)の引越し手伝い3往復。

25日は、義妹の命日でもあり、昼と夜のお参り。そして夕食会。

日曜日は、父方実家の法要。その後、引越し手伝い。

引越し先は、4階なのでタンス、冷蔵庫、洗濯機の搬入は、至難の業だった。

素人引越しの限界ぎりぎりラインか。

ダンボールも40箱以上。これは子供にも手伝ってもらった。

そんなこんなで、バタバタした週末の最後に、一人で居酒屋「きんたろう」に行った。

三品食べて、泡盛を頂いて、ボーっと30分。

パンクしそうな、自分の放電完了。また、頑張れるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

誰も聞いてくれない

23日は、名古屋商工会議所名駅支部と若鯱会の合同例会。

前半で公演を聴いて、後半懇親パーティー。

このパーティの中で若鯱会のアピールをする役が回ってきてしまった。

乾杯後の15分間。

食べるのと呑むのに必死な皆さんは、誰も聞いてくれない。

仕方が無いな。自分が逆の立場でも聞かないかもしれないもんな。

長い15分だった。

こんな経験もなかなか出来ないな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

次男と日帰りバス旅行

若鯱会友人の冬頭建設さんのご招待で日帰りバス旅行に連れて行っていただいた。

冬頭建設さんとは、もう15年のお付き合い。

押し売り・説得営業を一切行わない営業は、業種を超越してとても尊敬できる。

でも簡単にまね出来ない。

努力と辛抱と勉強が不可欠なのだ。

今回のバス旅行は、そんな冬頭建設さんの施主様や縁ゆかりのある方が集まって、国際展示場でTOTOのリモデルフェアを見学し、ヒルトンでランチを頂きトヨタ産業技術記念館を見学というゴージャスなコース。

住宅・機械好きな次男にとっては、満喫できるコースだ。

いつも、長男三男に挟まれて窮屈な次男だが、今日はゆったりまったり出来たはず。

こういう時間が次男にも自分にも必要なんだ。

こんな時間をプレゼントしてくれた冬頭建設さんに感謝。

冬頭建設さんは、ブログも有名。

1日に700アクセスあるとか。

http://blog.fuyuto.net/

ご覧あれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

やっと半分、もう半分。

15日は、幹事会。

もう9回目。

今期は、4月からだから9月で半期終了なのだが、下準備などで2月から行っているのでやっと半分か、とも思う。

去年の今頃委員長に任命してもらったわけだから、それからすると1年か。

1年前の不安は、払拭された。

委員会は、チームワーク良く稼動している。

でも、理想通りではなかったかな。

理想では、この時期には、副委員長さんに年末イベントをお任せして、自分は更なる新しい交流を企画しようと目論んでいたのだが。

理想に出来るだけ近づくように、後半戦も全力投球だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

三男と歩く

13日は、どにちエコ切符を買って三男と市内を巡った。

どにちエコ切符は、土日祝日と毎月8日におとな¥600こども¥300で市バス地下鉄が乗り放題。

その他、市施設の割引制度も付いている。

まずは、科学館へ。

プラネタリウムは、キッズ向けだったので寝てしまった。

すべてのフロアを見学して、白川公園を歩く。

矢場町経由で高辻まで。

家族と合流して丸八寿司に行く。

連休最終日だから、ほんのちょっと贅沢。

半日三男と歩くのも贅沢。

最後も市バスで帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

連日の新幹線

11日は、家族で日帰りUSJ。連日の新幹線乗車。

自動車で行くよりもコストは掛かるけど、安全安心で時短だ。

暑くも寒くも無い、よい季節に家族で出かけれてよかった。

最近は、長男次男の学校行事が目白押しで、全員が揃って遠出できるのは月一くらいだ。

子供たちも、友達同士で出かけることのほうが楽しくなる時期だ。

USJは、2年前からアトラクションが増えていない。

曇天ということで、入場者数もたいしたこと無い感じだ。

総じていえる事だけど、TDLより魅力が薄い。

一家でテーマパークに行くと入場料だけで¥20000以上掛かる。

見合う思い出が無ければ、リピーターは、増えていかないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

現場とのギャップ

10日は、福山へ日帰り出張。

某コンスターチ社特需の折衝の為だ。

弊社HPから発生した某社の案件は、食品安全の志向が強くなった世論にも影響され、搬入部門ユニフォームの安全対策に発展した。

安全対策のユニフォームは、通常上下に分かれたセパレートタイプが採用されることがほとんどだ。

しかし、今回の採用は、上下一体の繋ぎ服タイプ。

このタイプは、全体的には非常に需要が低いので、メーカー在庫も少ない。

仕方が無いことだ。

まずは、第一回目の注文分を注文する。

この時点で、半分くらいが足りない。

出来るだけ納期を詰めて対応する。

そしてここから以降に、問題が発生する。

第2回第3回の注文に対応すべく、仕掛ライン(次回縫製)の段取りが製造メーカーに出来ていない。

仕掛ラインは、前年度までの販売実績を基に段取りされているので、急に増やせないとのことだ。

第2回は、11月に第3回は来年1月に受注できることは明確だ。

そのあたりの現場の実情を製造部門の責任者に資料を基に説明する。

ユーザーからの注文書、要望書なども添えて。

片道3時間滞在時間30分の折衝でとこまで思いが伝わったかは判らないが、自分の出来ることはここまで。

メーカーは、50,60の受注に対して迅速に対応してくれるものの、500,600の案件に対しては、臆してしまうのはなぜだろう。

製品が特殊だからか?実績が無いからか?

担当者として責任を背負えないから?

現場とのギャップを埋めることがとても大切なことなのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

賛成・反対

SOHOは、基本的に何でも自分で判断することとなる。

ただ、地域の会合や、PTAや商工会議所の行事などでは、1メンバー1会員として、意見を述べたり、また取りまとめたりすることとなる。

中でも、行事・イベントは、取りまとめに苦労する事が多々ある。

スタートは、勢いだけで創めれたイベントが、回数を重ねるたびに運営が煩雑になったりする。

人は、色々、意見も色々。立場も色々。

運営に積極的に携わってきた人。

積極的に参加してきた人。

賛成があって、反対がある。

大切などは、運営する人が、参加する人が楽しい気持ちで参加できることなのだ。

年末の行事・イベントに向かって、これから調整が続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »