« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

派遣

某製造業の担当者と話した。

担当者は、40歳前。

この工場で10年以上働いている。

資材部でありながら、フォークリフトにも乗り、危険物の取り扱いも行う。

多くの資格を持ち、これからも取得を目指している。

「派遣にも見放された会社」だと、自社を揶揄する。

派遣されてきた人が、数日でやめてしまうことが多いそうだ。

拘束時間も多く、油まみれになるハードな仕事。

いわゆる3Kだ。

こんな案件は、日本に山ほどあるはずだと、担当者は言う。

「派遣切り」と「派遣にも見放された会社」。

中小企業の悩みがここにある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

ドライバー買ったのに

29日のサンデーリーグで背中を痛めてしまった。

週末のゴルフまでに完治できるか微妙だ。

何かを始めようとすると何かが障害になる。

とにかくかかりつけのさくらリバースに入って診て貰おう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

クラブの進化

11年ぶりに再会したゴルフ。

ラウンドするたびに同伴プレイヤーから指摘されるのは、ドライバーを替えること。

15年ほど前のキャロウェイを使っていたのだが、こんなヘッドの小さなクラブを使っているのは自分ひとり。

友人N氏のアドバイスを受けながら、汗をかくほど試打を重ね、マクレガーを購入。

練習場どおり真っ直ぐ飛ぶかどうかは、定かではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

長男12歳

28日は、長男誕生日。

4月からは中学生。

学生服も学用品も買い揃えた。

もう数年もしたら、社会に飛び出していくのだな。

あと何度キャッチボール出来て、あと何度銭湯に行けて、あと何度食事が出来て、あと何度キャンプやスキーに行けるのだろうか。

大人と少年との繋がりは、もうあと僅か。

寂しいけど仕方ないな。

自分の人生を何倍も豊かにしてくれた長男と、その長男を産んでくれた女房に心から感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

積み重ねて優勝

侍ジャパンがWBC2連覇。

野球好きの自分としては、この上ない喜びだ。

数え切れない思いが交錯するけれど、選手の皆さんには、心からありがとうと言いたい。

大きなことを成し遂げるには、小さなことを一つずつ積み重ねるほか無い。

決勝戦、15安打の内長打は、イチローと稲葉の2塁打1本ずつのみ。

残りのヒットは全て短打だった。

「つなぎ」の野球に徹したところが勝因だった。

頂上を見ると果てしなく思えることも、一つ一つの積み重ねなくしてゴールは無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

視力回復への一歩

21日に、レーシック手術適性検査のため、眼科に行った。

検査は思ったより長く、約2時間。

近視が強いため、1.0以上の視力を取り戻すことは難しいとのこと。

それから、手術のためには、しばらくコンタクトレンズではなくてメガネで過ごさないといけないこと。

1週間後もう一度検査を受け、その1週間後手術できることなどの説明を受けた。

世間ではとても簡単に出来るように思われているが、それなりに大変だ。

中学時代の30年前に視力が下がり、高校生活はメガネ生活だった。

大学時代からコンタクトレンズのお世話になった。

その費用、その手間は、容易に想像できる。

これらから、開放されるのか否か。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

イチローのつぶやき

19日のキューバ戦、WBC日本代表は勝利を収め、準決勝進出が決まった。

12打席ノーヒットの続くイチローの第4打席。

打席の中のイチローがアップで写された。

無精髭がのびて、やつれた様にも見える。

その口元がもぞもぞ動く。

「打てる。打てる」と呟いている様に自分には見えた。

世界一のバッターは、世界一の孤高のバッターかもしれない。

その打席、渋くライト前にヒットを打ち、次の打席でもセンターオーバーのスリーベースヒット。

努力を惜しまない世界一のバッターでも1本のヒットを打つのにこんなに苦しむときがあるのだ。

世界で大体8000万番目くらいのバッターの自分は、もっと努力しないとなあ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月はイベント多し

今日19日は、長男小学校の卒業式。

部活動頑張ったな。

そして女房の誕生日。

左足完治まであと少し。

28日は、長男の誕生日。

この日は、女房が母親に自分が父親になった日でもある。

そして春はもうすぐそこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

本当に必要かワークシェア

取引先のいくつかで、臨時休業日が相次いでいる。

月曜日とか金曜日に納品にお邪魔すると、お休みなのだ。

世情が影響していると思う。

みんながみんな業績が悪いのではなく、みんなが休んでるから自分のところも...。

内部留保のある会社、ある筈。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

マックの戦略

日曜日、家族でマックランチ。

12時前のマックは、長蛇の列。

WBCのクリアファイルがもらえるので子供たちはセットで注文する。

マックと言えば、低価格にもかかわらず、この不況の中、業績をアップしている外食産業だ。

セットは、¥680、¥790と決して安く無いぞ。

5人で買えば、¥3000超。

ウイークデー、¥100マックでお世話になっていても、子供に強請られると、ついついセット購入なんてファミリーは、数知れず。

戦略といえば戦略だが...。

正攻法とは思えないんだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

今出来ること

いつもの年度末の慌しさが無い。

不況の影響?委員会が落ち着いたから?PTAが終了したから?

日常に忙殺されて、等閑にしている案件が必ず有る。

今出来ることを粛々と進めることが大切だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

長い会議

11日の正副委員長会議は、長い会議となった。

今年度の収支決算にかかわる議案盛りだくさんだったので、仕方ないのだが。

議論の途中で、質問疑問をはさむ出席者がいて、より長引いた。

自分ひとりが判らないことは、終了後個人的に聞いて欲しいものだ。

あなた以外の全員が、あなたの理解に待ちぼうけ。

「ちょっといいですか?」はちょっとも良くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

危機

友人は、未だ見つからない。

危機・危険は、日常のすぐ傍に有るのだ。

だから、できる限り危機管理を行わなければいけないのだ。

いつも装着するヘルメット・ライフジャケットをほんの一回装着しなかったときに危機に見舞われる。

こんなことは、多々有る。

だから、どんなときも危機意識を強く持たなければならないのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

友人が行方不明

朝日新聞社のニュースで大学の同級生が行方不明となっていることがわかった。

越前署にも電話で問い合わせたが、未だ発見されておらず、転落の可能性が高いという。

奥さんや残されたご家族のお気持ちは、いかばかりか。

ただただ、無事を祈るばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

春の準備その2

入学の準備に引き続き、先に行われる卒業式の為の準備を進める。

ブレザーを探すため数店に足を運ぶ。

女の子のものは、すぐに見つかるが男の子のものはなかなか無い。

百貨店に行くしかないか!と思う直前にアピタで購入。

そして、美容室などにも行っていただく。

ここまでくると、子供の希望より親の満足感が優先してくる。

付き合う長男も偉いな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

春の準備

長男中学入学の為、学校指定の鞄やらシューズやらを購入に出かける。

購入は、指定業者からしか出来ないので、製品は高く、店員は愛想が無い。

製品は整理されておらず、サンプルを探すのにかなり時間を割く。

鞄、体操服、シューズなど一揃えで、3万円近く掛かる。

この3万円の支払いが、なんとも虚しい。

長男にとって、一生に一度しか購入しない商品なので、どうかもっと親切に案内して欲しかった。

販売店の対応が違っていたら、洗い換えも何もかも一括購入したいところだったが、なんとも殿様商売なので、最低限のものの購入に留め、残りは他で探すことにした。

売るほうも買うほうもありがたみが無いやり取りは、もうたくさんだ。

真逆であるべきなのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

頑張れ人間、負けるな人間

昨年も自殺者が3万人を超えたと、新聞の一面に載っていた。

現在交通事故死が数千人だから、交通事故の5倍以上自殺で亡くなっているのだ。

この3万人という数も、実際にはもっと多いことと思う。

生理学的な理由以外で、自ら死ぬのは人間だけだ。

経済的な理由だったり、メンタルをケアする環境が整って無かったりと、様々な要因があるとは思うが。

みんな、負けないで欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

挑戦を続ける人々

昨日のブログが以外に反響があり、電話を頂いたり、訪問先で声を掛けていただいたり。

要するに、アイディアが斬新だったのだな。

そして、「言われてみれば、そうだな」的な、気付きそうでそうでないアイディアだったのだ。

先日お会いしたプロジェクトチームの面々は、年齢に違わず挑戦し続けた人々達だった。

挑戦を止めた時、思考も止まる気がする。

挑戦を続けるとき、何かが生まれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

医療系プロジェクトチームの会合

N-1で知り合った岩佐さんからのお誘いで医療系プロジェクトチームの会合に出席した。

岩佐さんのブログ

開業の全てをチームで賄ってしまおうという作戦。

弊社は、ユニフォームの提案を行う。

医療機器の支社長、経営コンサルタント、ウェブ会社社長、店舗設計会社社長、マナーアドバイザーとともに、打ち合わせを進める。

この人たちの話を聞けるだけでも価値がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

交流を続けるために

最後の委員会が終わった。

キッチンリボンでステーキを頂いて、我が家で2次会を行った。

2次会に15名も来てくれて楽しかった。

若鯱会は、日本最大の異業種交流会。

でも、ただ参加しているだけでは、交流は続かない。

何か共通の目的を持つとか、共同で何かを作成するとか、そんなメソッドが必要となる。

そんな意味で、委員会活動を積極的に行うのは、交流を深める続けることの一助になっていると思う。

何かの集まりの中で、誰かの役に立てるということは本当に幸せなことだ。

まさに「情けは人のためならず」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

最後の委員会

3日は、最後の委員会。

事業報告・決算報告を行って、納会を行う。

会場は、ステーキハウスのキッチンリボンだ。

最後まで充実した委員会活動を支えてくれた委員会メンバーに心から感謝したい。

最後なので、少し寂しいが、一年で生まれたご縁をこれからもずっと大切にしていきたいものだ。

「終わりは始まり」

委員会メンバー19名と入会者58名の新たな交流が生まれてくることを願ってやまない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

卒業シーズン

ラジオから卒業ソングが流れる。

卒業式のシーズンが訪れる。

小学校・中学校は、想い出いっぱいの卒業式だったなあ。

高校・大学は、受験や就活でいっぱいいっぱいだったな。

その時々でしっかり区切りをつける生き方をしていなければ良い卒業は出来ないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »