« 国民性 | トップページ | 最後の入院 »

2009年5月14日 (木)

タイでの日々

タイ・バンコクでの二日間は、波乱の二日間だった。

同行者は、空港で置き引きに会い、財布が盗難。

クレジットカード会社などへの電話で時間を要した。

パスポートが残っただけでも良かったのかも。

帰りのEチケットの予約不備のため、スムースに飛行機に乗れない。

6日0時20分にエントリーしなければならないのに、誤って5日0時20分にエントリーしたために席が無い。

無いはずだ。エントリーした飛行機は、24時間前に出発している。

言葉がほとんど通じない深夜の空港で待つ、キャンセル待ちは心細かった。

最悪、博多に帰るとか、翌日帰るとか、方法はあったが、幸いキャンセルが出て予定便に乗れた。

タイの人々は、男も女も逞しい。

日本人が一人で歩いていると、呼び込みが引っ切り無しについてくる。

露天の売り込みもウンザリするほど激しい。

食料品スーパーに行っても、専門ショップに行ってもそれは同じ。

高層ビルと雑居が同居している街。富裕と貧困も同居している。

それがバンコク。

|

« 国民性 | トップページ | 最後の入院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170191/45007180

この記事へのトラックバック一覧です: タイでの日々:

« 国民性 | トップページ | 最後の入院 »