« 新作購入 | トップページ | お祭りのマネジメント »

2009年7月 4日 (土)

900km移動の日帰り出張

3日は、東京ドームシティでレディスユニフォーム展示会開催のため、11時53分発ののぞみで上京。

現地で2時間ほど新製品の説明を聞いたり、打ち合わせをしたり。

レディスユニフォームについては、衰退の一途。

メーカー、販売店両方が、原点に立ち戻ってユーザーと向き合うことは必要となる。

日本赤十字社の救護員看護着は、患者に安心を着用者に責任と誇りを持たせていた。

戦後のスモックユニフォームは、繊維製品不足の中、「現場に着ていく服が無い」と勤めるのをためらう女性の社会進出の後押しをした。

現在のユーザーにメリットのあるユニフォームを提案していかない限り衰退は進む。

メリットとは、デザインプラス機能性であったり、ボディケアであったり、私服に勝る利便性だったりする。もちろんコストもコントロールしなければいけない。

販売側の都合ばかりを追求してきたものだから、ユニフォーム離れが進んだといっても過言ではあるまい。

作る側も売る側も猛反省が必要である。

その後、千葉在住の従兄弟に会いに総武線都賀駅まで。

もう30分乗ると成田空港という、千葉でも北部に位置するところだ。

従兄弟は、私の従兄弟21名の中では最年長で今年2月に定年退職し現在は悠々の生活をしている。

退職間際に、2ヶ月入院の大病を患ったことも有り、ゆっくりと毎日を過ごしている。

上場企業大日本インキに35年勤務し、そのうち8年間が海外勤務だった。

ウイーン・ジャカルタ・タイ・シンガポールなどで、現地責任者として激務をこなし、国内工場でも工場長として生産性をあげてきた彼は、少し草臥れながらも誇らしげだった。

これからは時間を奥さん、子供、孫と共にゆっくり過ごしていくことだろう。

年に一度か二度だが、こうして会ってエリートサラリーマンの話を聴けるのも嬉しい。

自分の周りには、必然的に経営者が多いのだから。

20時40分ののぞみで帰名。

掛川あたりで急病人発生のため急停車。

「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか」とアナウンスが流れる。

TVでは良く見るシーンだが、現実に起こるとは...。

軽い貧血とのことで大事に至らず。

新幹線が遅れると、乗り継ぎの在来線も待ってくれるらしい。

中央線に乗り換え、11時過ぎに帰宅。

久しぶりに長い一日だった。

|

« 新作購入 | トップページ | お祭りのマネジメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170191/45531583

この記事へのトラックバック一覧です: 900km移動の日帰り出張:

« 新作購入 | トップページ | お祭りのマネジメント »