« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

名港ナイトクルージング

0084 0088

30日は、SBI研究会の納涼会。

今回は、東海ブロック商工会議所青年部連合会さんとの合同開催。

名港大橋はじめ、港の名所を巡り、海風に当たりながらビールを美味しく頂いた。

その後今池に移動して呑み会。

帰りはタクシー拾えず、徒歩帰宅。

長い一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

むらむら会全員集合

29日は、むらむら会8名全員参加で栄で呑む。

本業も有り、家庭もあり、若鯱会活動、その他団体での活動があり、なかなか全員揃わなかったのだが。

久々に全員集まれてよかった。

F頭さん。あんまりがっかりしないでね。

楽しみが一年延びただけだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

市バス

28日は、金山で2G例会。

市バスの最終便で帰宅。

最終便は、10時50分発なのだ。

多少早めだが、タクシーの15分の1のコストで帰れるので贅沢は言えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

キリギリス

朝涼しいうちに宿題をやりなさいといわれている息子たち。

しぶしぶ始める長男三男。

次男は、友達との約束だとか読書タイムだとかといってなかなか取り掛からない。

読書タイムも漫画を読んでいるんだよ。

そんなわけで夕食後、やっととりかかる始末。

家族の中では、キリギリスといわれています。

ああ、8月末が恐ろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

疲れを知らない子供たち

25日は、アルコ清洲で子供たちとプールで戯れる。

2時間でくたくた。

施設内の大浴場に入り癒す。

26日は、瑞穂サブグランド貸切で子供たちと野球猛特訓。

バッティングピッチャーで200球以上投げる。

ノックを200本打つ。

2時間で筋肉が悲鳴を上げる。

でもね、でもね中一小五小二の子供たちは、全然平気なんだよね。

帰宅してからも「戦いごっこ」などを元気に行っている。

夏休みの子供は、疲れを知らないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

人事の夜

24日は、若鯱会11G例会で魚鉄でT代表幹事を囲む会。

17年間の活動、本業、私生活まで楽しいためになる話がたくさん聴けた。

立場こそ違うが、15年間の自分とも重なる部分があったりして、感動さえ覚えた。

例会終了後、2次会へ。

この時期ならではの、来期人事への水面下の交渉がスタートする。

自分は、前年度委員長までやらせていただき、年齢・活動期間からいっても表舞台は無し。

ここ5年間ほどオリエンテーション委員会に携わってきたので最近入会された方の情報とか、オリエンテーション委員会のスタッフ人事とかの多少のお役に立てればよいと思っている。

2次会中に2グループFさんから呼び出し。

若鯱会の主軸たるグループ活動のスタッフ人事の件で。

これも、前述のようにお役に立てればと思っている。

人事の季節になると想う事がある。

依頼されるってことは、ものすごく幸せなことだということ。

依頼される人よりされない人のほうが圧倒的に多いわけだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

システムの違い

売り切るシステムと売り続けるシステム。

ここが大きな相違点。               

もう一つは、アパレルが65%値入に対し、ユニフォームは半分以下。

バーゲンセールも行わない。

やり方にもよるが、思いのほか儲からないのがユニフォーム業界なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

アパレルとユニフォーム

シルバーオックスが、715日不渡り(1回目)を出した。

東証、大証一部上場のアパレルメーカーで、近年はユニフォーム事業も手掛けてきた。

ユニフォーム業界の定説の一つに

「アパレルの追加事業、アパレルからの転進のユニフォーム業は成功しない」とある。

あの、ユニクロでさえ大成していない。

現在は、ユーザーを大企業、大ロットに特質することで対応しているが、ユニクロのほかの事業の成功から見ると脆弱だ。

シルバーオックスは、インナーを中心として量販店展開で成長してきた企業だ。

ユニフォームの販売展開とは、相違がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

修行その六

午後の体験学習「ブラインドウォーク」

二人一組で一人が目隠しをされ、もう一人が誘導を行う。

ただし誘導に「言葉」を使ってはいけない。

腕を引っ張って方向を指示したり、足を触って階段を教えたり、肩を叩いて危険を示唆したり、障害物は、先に手で触れさせて認識させたりする。

これを1回20分。交代で行う。

研修所周りの森を歩くと、二人とも汗びっしょりになる。

油断すると大怪我しかねない。

怪我をさせてもいけないので、誘導するほうが神経を使う。

この研修の解説は以下のようにされている。

人間は人体の5つの感官(目・耳・鼻・舌・皮膚)の作用から視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚(五感)を感じ生活していますが、平生はその有難さを感じないものです。
 そこで、視覚(情報の8割は目から入るといわれています)を遮断し、閉眼歩き(ブラインドウォーク)を実行すると、意外な発見があります。
 信頼感、目の見えない大変さ、五感機能の素晴らしさの発見、思いやりの実践・・・ブラインド・ウォークを通じて様々な「気づき」を得ることができるのです。

意外な発見!

ペアを組んだT代表幹事がブラインドにも拘らず、誘導する自分よりもどんどん前に進んでいく。

逞しい経営者は、どんなときも自分で路を切り開いていくのだなと感じた。

実はそういう人、自分も含め多いらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修行その五

午前中の体験学習「童心行」

幼い子供の頃のように大きな声を出して、身体をめいっぱい動かして、心の緊張をとくとともに童心の大切さに気づく。

歌を歌ったり、ゲームをしたり、ジャンケンをしたり...。

負けると罰ゲーム。

1時間も続けると汗びっしょり。

それでもなんとも言えぬ爽快感が漂う。

そして参加者に妙な連帯感が。

まさに、童心に帰れた1時間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

修行その四

講話最後

人は、20代さかのぼると100万人(正解には1048576

27代さかのぼると1億人(正確には、134217728人)

日本人は、きっとどこかで繋がっている。

ちなみに、33代さかのぼると85億人(正確には、8589934592人)

人類は、きっとどこかで繋がっている。

130年としても1000年くらいで繋がっているわけだ。

みんな仲良く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

修行その三

また講話の続き。

一日幸せでいたいのなら、床屋に行きなさい。

1週間幸せでいたいのなら、自動車を買いなさい。

1ヶ月幸せでいたいのなら、結婚しなさい。

1年間幸せでいたいのなら、家を建てなさい。

一生幸せでいたいのなら、正直に行きなさい。

何度か聴いた話だが、正直、正直に生きることは簡単ではない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏休み突入

20日「海の日」は、家族で知多美浜海岸で海水浴。

BBQもやりました。

大人も子供も楽しい一日でした。

これから長い夏休み。

長男は、部活中心。

次男は、中津川と友人二人とフェリーで仙台への旅。

三男は、日間賀島と友人二人と飛行機で博多への旅。

家族で若鯱会「おしゃれキャンプ」と美濃加茂でのBBQ。

楽しく過ごせますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

修行その二

講話の続き。

周りが見えない人が多い。

鳥は、空気が見えない。

魚は、水が見えない。

人間は、周りが見えない。

当たり前にあるものが、あるのが当たり前と感じてしまう。

なかなか感謝できない。

こんな風にブログをアップできるのも、自分が健康で仕事も家庭も充実しているから。

(アップが出来ないときは、余裕が無いのか)

そして、PCも電気もプロバイダーも滞りなく機能しているからだもんな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

修行その一

若鯱会研修渉外委員会第1回セミナーに参加した。

三重県・財団法人修養団 伊勢青少年研修センターに10時過ぎに到着した。

武田講師の講話。

童心行・ブラインドウォークの体験学習。

講話は、「当たり前のことを広げよう」。

整理整頓することは当たり前。

挨拶をすることも当たり前。

当たり前を積み重ねることで暮らしやすい世の中にしよう。

これは、家庭生活のみならず社会生活にも当てはまる。

当たり前のことを当たり前にできる企業は生き残れる企業なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

こんなに大きくなりました

Dsc04447 ツバメの雛4匹は、大きくなりました。

巣を飛び出そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

プリント屋さんの廃業

30年以上お世話になっているプリント屋さんが今年8月をもって廃業なさるそうだ。

今年に入って仕事量激減。

廃業やむなしとのことだった。

作業服は、腕のいいプリント屋さん刺繍屋さんのバックアップ無しでは拡販できない。

既製服が、プリントや刺繍でオリジナル服になるのだ。

ハイレベルのプリントのお陰でどれだけクロージングできた事か。

感謝。そしてお疲れ様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

取り戻せない1分間

Img126 夕方トレーニングへ行き、ついでに体操教室の三男を連れて帰ろうと思ったところ、施設利用時は、2時間半まで無料なのだが1分超過で駐車料金が掛かってしまった。

1台前が、かなり時間かかって清算していたんだよな。

そのあおり。

最近、1,2分の超過の事で、余計なコストが発生してしまうことが多い。

要注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

営業続々来社

今週は、メーカーの営業さんが3日連続来社してくれる。

弊社のような小さい会社も大切に考えていただき、ただただ感謝。

展示会でお会いしたり、電話連絡、メール連絡は頻繁に行うが、やはり仕事場で会って、詰めて話が出来るのが良い。

しかし、景気の悪い話ばかり。

これでは、いかん。

メーカーと販売店で景気の良いことを考えなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

3ヶ月ぶりの草野球

12日は、鶴舞球場でサンデーリーグトーナメント。

背中の怪我、出張とのバッティングなど、雨中止などで3ヶ月ぶりの出場となった。

梅雨の合間の蒸し暑い午後、2時間しっかり汗をかいた。

野球は、見るよりもやるほうが楽しい。

トーナメントは、1-7で負けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

ドーム観戦

0126 11日は、次男とドーム野球観戦。

ブランコの打球は凄いぞ。

ライトライナーかな?

フェンス直撃かな?

と、思った打球が突き刺さるようにスタンドへ。

ウッズも山崎武の打球も凄かったけど、それ以上だな。

このホームランのお陰で、2-1で快勝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

日帰り大阪出張

先週の東京出張900kmに続き、今週末は大阪出張360km。

新名神を使っての自動車出張。

新名神は、広くて(4車線)空いていて快適。

時間も距離も1割ほど短縮できる。

梅田で、新作のファッションショーと、商品説明を聞いて、16時には帰名。

名古屋高速に入ってから、若干疲労を感じたものの大丈夫!。

以前は大阪出張も一日仕事だった。

出張日も帰社して3~4時間雑務を行うことで、翌日以降の業務がスムースになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

今年2回目さ

Img125 ルールですから払いますが、納品の為に、どうしても路上駐車になるのだ。

今年2回目。

ちなみに1回目は、自宅ガレージの入れ替え時。

きついなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学ぶこと

学ぶことを止めた時、企業は停滞、衰退するのだそうだ。

学ぶのを止めてはいけない。

SOHOにとって、学ぶことの一つはチャレンジすること。

チャレンジも止めてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

順調順調

Dsc04442 4匹の雛、元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

事務所に侵入者

Dsc04436 親鳥が、事務所に入り込んできました。

1時間も滞在。

その間、子ツバメがうるさいうるさい。

「ピーピー、ピーピー」鳴いてます。

心配だったのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せを運んできてくれるのか6

Dsc04433_2 Dsc04434_2

ツバメの子は、4匹です。

元気に鳴いてます。

Dsc04435

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

幸せを運んできてくれるのか5

Dsc04432 孵化しました。

親ツバメが大忙しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お祭りのマネジメント

0103                                                                                                  

4日5日は、地元神社のお祭り。

買ったたこ焼きの蛸の少なさに驚いたり、¥300の投資が¥10の玩具になったりと。

子供たちは、世の厳しさを学ぶのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

900km移動の日帰り出張

3日は、東京ドームシティでレディスユニフォーム展示会開催のため、11時53分発ののぞみで上京。

現地で2時間ほど新製品の説明を聞いたり、打ち合わせをしたり。

レディスユニフォームについては、衰退の一途。

メーカー、販売店両方が、原点に立ち戻ってユーザーと向き合うことは必要となる。

日本赤十字社の救護員看護着は、患者に安心を着用者に責任と誇りを持たせていた。

戦後のスモックユニフォームは、繊維製品不足の中、「現場に着ていく服が無い」と勤めるのをためらう女性の社会進出の後押しをした。

現在のユーザーにメリットのあるユニフォームを提案していかない限り衰退は進む。

メリットとは、デザインプラス機能性であったり、ボディケアであったり、私服に勝る利便性だったりする。もちろんコストもコントロールしなければいけない。

販売側の都合ばかりを追求してきたものだから、ユニフォーム離れが進んだといっても過言ではあるまい。

作る側も売る側も猛反省が必要である。

その後、千葉在住の従兄弟に会いに総武線都賀駅まで。

もう30分乗ると成田空港という、千葉でも北部に位置するところだ。

従兄弟は、私の従兄弟21名の中では最年長で今年2月に定年退職し現在は悠々の生活をしている。

退職間際に、2ヶ月入院の大病を患ったことも有り、ゆっくりと毎日を過ごしている。

上場企業大日本インキに35年勤務し、そのうち8年間が海外勤務だった。

ウイーン・ジャカルタ・タイ・シンガポールなどで、現地責任者として激務をこなし、国内工場でも工場長として生産性をあげてきた彼は、少し草臥れながらも誇らしげだった。

これからは時間を奥さん、子供、孫と共にゆっくり過ごしていくことだろう。

年に一度か二度だが、こうして会ってエリートサラリーマンの話を聴けるのも嬉しい。

自分の周りには、必然的に経営者が多いのだから。

20時40分ののぞみで帰名。

掛川あたりで急病人発生のため急停車。

「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか」とアナウンスが流れる。

TVでは良く見るシーンだが、現実に起こるとは...。

軽い貧血とのことで大事に至らず。

新幹線が遅れると、乗り継ぎの在来線も待ってくれるらしい。

中央線に乗り換え、11時過ぎに帰宅。

久しぶりに長い一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

新作購入

1Q84を購入した。

村上春樹は、一番好きな作家であり、一番嫌いな作家であるというのが自分の中の位置付けだ。

22年前「ノルウエィの森」を読んだ。

その原作ともいえる「蛍」を読んで、そしてデビュー作の「風の歌を聴け」に遡って、読み貪った。

旅行記の一部や翻訳本を除いてほとんどの書き下ろし小説を読んだ。

長編も短編もエッセイ本も読んだ。

同じ本を繰り返して読んだ。

清流のような清らかな文章の中に垣間見る、「汚く」も思える現実感が好きだ。

だが、そんな奇麗事で済まされないだろうと思うと、嫌悪感を持ってしまう。

そこが魅力といえば魅力だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

ハイブリッド制御不能

先日アルファードのハイブリッド機能が制御不能になる事態が発生した。

インパネに警告灯がいくつも点灯し、走行も明らかにおかしい。

デーラーと連絡を取りながら、修理工場へ向かう。

その間、クーラーは使えなくなるわ、ABSは不能になるわで大慌て。

原因は電子制御水冷装置の不備(破損)だった。

無償修理でした。

コンピューターのオーバーヒートを防ぐため、自動車全体の機能を制御したらしいんだけど。

焦ったなあ。

パンクとかバッテリー切れとかラジエーターの故障などなら、素人にもある程度判るけど、コンピューターの事となると、まるで判らない。

便利な機能も、不備があれば大きなリスクになるのだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

屋台はこんな感じ。

09062728_141 09062728_95

名物屋台「司」は、こんな感じ。

食材・調理器具どれをとっても充実している。

値段も充実してるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »