« マスクの需要 | トップページ | 偉大な体力 »

2009年10月16日 (金)

人はなぜ働くのか

「ルビコンの決断」を観た。

人はなぜ働くかがテーマ。

生活のため、お金のため、生きがい?...。

こんな単純なものでは無いはず。

番組では多くの知的障害者を雇いながら労働環境を整え日本一優しい会社を目指す川崎市のチョークメーカーに注目する。

健常者と同様に、それ以上に情熱的に仕事に取り組む知的障害者の姿に、健常者も会社も変わっていく。

作業工程や導線の見直しは作業効率に直結した。

働きやすい環境は企業に利益を生み出した。

人はなぜ働くのか?

突き詰めると、人は幸せのために働くのだということになるのだろう。

人が幸せを感じるとき、それは

愛されるとき

ほめられるとき

世の中に役に立っているとき

誰かに必要とされるとき

この4つの中で3つは、働くことから得られるものである。

だから、人は幸せのために働く。

|

« マスクの需要 | トップページ | 偉大な体力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170191/46497801

この記事へのトラックバック一覧です: 人はなぜ働くのか:

« マスクの需要 | トップページ | 偉大な体力 »