« 食の研究会 | トップページ | 45 »

2010年8月16日 (月)

記録的大敗

14日に長男次男と甲子園に行ってきた。

お目当ては、第三試合早稲田実業VS中京大中京。

人気カードということもあり、外野自由席は入場制限発生。

何とか席を見つけて観戦するも、初回に7失点5回に12失点。

結局21-6の記録的大敗のゲームに立ち会うことに...。

立ち上がりに2年生投手が崩れると早稲田の強力打線を抑えるは難しい。

腰痛の3年生エースも5回になって握力が落ちたところで集中打を浴びてしまった。

イレギィラーバウンドなどのアンラッキーも一方ばかりに続いてしまった。

早稲田のバッティングもセンター返しを徹底していて、21得点も取ったのに本塁打ゼロ。

もちろん点差ほどの力の差は両者になく、結果が反対になってもおかしくはなかった。

コールド負けのない本大会は、ある意味残酷な一面も持っている。

どんなに辛くても、暑くても、悔しくても途中でグランドから去ることは出来ない。

我々の日常もかくのとおり。

|

« 食の研究会 | トップページ | 45 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170191/49159237

この記事へのトラックバック一覧です: 記録的大敗:

« 食の研究会 | トップページ | 45 »